そうか、こう言えば良かったのか!魅力ある伝え方とは





「そうか、こう言えばよかったのか!」

書店で本書の「はじめに」を立ち読みした私は、胸が高鳴りました。このように実践的でシンプルに真理をついている本をどれほど探していたことかと。

スポンサード リンク

書き続けることが解決策ではないはず

ブログを書いていると、読まれる文章を意識しなくてはなりません。
ところが、読まれる文章が難しい。

学校の作文や仕事で利用するメールなどは、はじめからある程度は読んでもらえることが前提としてあります。

ところがブログの場合、面白くなければ読んではもらえません。
仮に固定ファンがいたとしても、魅力のない記事であれば読まずに去っていってしまいます。

文章力をつけようと関連書籍を読んでみたところで、簡単に魅力ある記事は書けるものでもありません。
挙句に、

「とにかく書き続けると上達する!」

などと書いてあったりするのだから困ったものです。
それなら、その本を読む価値が全く無いと言っているようなものなのではと思えるのですが。w

 

魅力ある伝え方がここにある

本書はコピーライターを職業とする佐々木圭一氏が書かれた本です。

作家や教授が書いた本ではないので、文章が非常に分かりやすい。
しかも、簡単なルールで味気ない文章を魅力ある文章に変える方法が惜しみなく書かれています。

あまりにも実践的で有効な技術に思えた私は、付箋をペタペタ貼り付けて、ポイントとなる箇所を何度も読み返してしまいました。

相手をひきつけるメールを送りたい読まれるブログを書きたいという諸兄にはオススメの1冊。
文章にお悩みなら本書を一読あれ!!

 
 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ