お金に関する本は興味のランクが高い


つい買ってしまう本は

お金に関する書籍というのは、本当にたくさんあります。それだけ多くの人が興味をもっていて、なおかつ本が売れるのでしょう。
実際のところ、お金に関に興味がない人というのは非常に稀ではないかとは思います。

ところが不思議なことに、多くの人が興味を持っているにもかかわらず、ストレートに話題にしてしまうと品がないように思われてしまう点です。
ですから、公の場ではお金の話題は控えるのが礼儀みたいなところがあるようです。

スポンサード リンク


ボク自身は、書店に行くとお金に関する書籍をつい手にしてしまいます。
読んだからといって自分がお金持ちになったりするわけではないのですが、興味の対象としてのランクは高い順位にあるようです。

それで、数ページを立ち読みするとなかなか興味深かったりするので、つい買ってきてしまいます。
そもそも興味があるから、読んでいても面白くないわけがないのです。

そして、この点は強調しておきたいのですが、他のビジネス書と違って読みきる確率がかなり高いといえます。
なので無駄な買い物になっていないことだけは確かですね。



 

失敗談も意義がある

これは、最近読んだお金に関する本です。
何故興味をそそられたかというと、残念な人というのがボクみたいな人を言うのかと思えてしまったためです。

それならば、どんな点が残念なのか具体的に知りたくなったというのが、本書を購入する動機といえば動機だったかもしれません。

ところが、この残念な人というのは作者(著者:山崎将志氏)自身のことであり、後半では作者自身の投資の失敗談が書かれています。
反面教師として参考にしてもらいたいという意図のようでした。

実際のところ、この失敗談を踏まえた部分を読んだ後は、ボクが投資で儲けようと考えても無理があることがわかりました。
現在、わずかの額で投資信託をテストの意味合いで試していましたが、ボクはこれ以上の投資に踏み切ることはないでしょう。

もし、これから投資や運用をしようと考えているのなら、本書を読んでから決断するのも悪くないと思います。

 
 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ