スタッドレスタイヤに履き替え 私の場合はタイヤ交換をこのようにやっています




前回に続いてタイヤ交換の話しです。

今回は私のタイヤ交換のやり方を説明します。
これから自分でやってみようという方がいましたら参考にしてください。

 

スポンサード リンク


 

タイヤ交換作業

1.必要なモノを確認する

夏タイヤからスタッドレス(冬タイヤ)に交換するには、およそ次のモノが必要です。
  1. スタッドレスタイヤ
    ホイールにセットされた状態であること。セットされてなければ自分で作業することはあきらめてカーショップやガソリンスタンドに依頼した方が良いです。
  2. ナット
    前回記事に書いてますが、ホイールに合うナットでなければなりません。
  3. 工具、軍手
    ジャッキアップするための工具ですが、大抵は車についています。軍手(作業手袋)はケガ防止のために準備してください。
  4. 取扱説明書
    なくても作業ができないわけではありませんが、方が良いです。
 

2.工具を取り出す

タイヤ交換するための最低限の工具は、車のトランク下などに備え付けられているのが普通です。

 



フィットの場合後ろのハッチを開けたトランクスペースの下に工具が収納されています。

 



奥側にあるのが緊急用の工具です。

タイヤ交換用の工具の他に、パンク修理道具、牽引用フックがありました。

 



この3点でジャッキアップができます。ほかにマイナスドライバーも備え付けられていますので、取り出しておきます。

 

3.ホイールカバーをはずす

純正のスチールホイールの場合、ホイールカバーがはめ込まれています。

 



マイナスドライバーなどの差込口がありますので、そこに差し込んで、よじってホイールから少し浮かせた状態にします。

その状態から両手で引っ張ると取り外すことができました。

 



ホイールカバーはキズがつきやすい材質なので、丁寧に扱うようにします。

 

4.ジャッキポイントの確認

ジャッキアップは無闇に車を持ち上げればよいわけではありません。
相当の重量がある車を持ち上げるわけですから、持ち上げる力を加えても良いポイントというのが指定されています。

それがジャッキポイントです。



車の取扱説明書に必ず記載があるので、確認します。
大抵の車はすぐにわかりますが、中にはわかりにくい車もあったりします。フィットはすぐにわかります。

 

5.ジャッキアップ(第一段階)

前述の3点の道具は、こんな風に組み合わせて使います。

 



こんな感じです。

 



フィットの前部のジャッキポイントはこうなっていました。

 



このように手に持って、時計回りクルクル回すと車が持ち上がります。

で、このときの持ち上がり方というのは、次のような動きをします。
  1. はじめは車体だけが持ち上がっていきます。車輪は地面に設置したままで持ち上がりません。
  2. さらにジャッキアップしていくと、車体に車輪がぶら下がるようにして持ち上がります。
そこで第一段階のジャッキアップは、上記1と2の中間ぐらいまで持ち上げます。
つまり、車体は持ち上がったけれども車輪は地面に接地している状態にするということです。

 

6.ナットを緩める

第一段階まで持ち上げたら、ジャッキハンドルをはずします。
先ほどの画像の右手に持っている工具のことです。

このジャッキハンドルはナット回しのレンチも兼ねています。

そのジャッキハンドルを使ってホイールのナットを少しだけ緩めます。
緩めるのは、1/4~1/2回転程度です。

ジャッキアップの第一段階で、少しだけナットを緩める作業をするのには2つの理由があります。

①ナットを緩めるには相当の力を加えなければなりません。そのためタイヤが完全に持ち上がった状態で力を加えた場合に、ジャッキがはずれてしまう危険があるのです。
なので、タイヤを地面に接地させておくことで危険を回避するのです。

②タイヤが完全に持ち上がった状態だとタイヤが僅かに回転することができます。ナットのネジを緩めるために力を加えるには危険ですし、また力を加えにくかったりします。
なので、タイヤを地面に接地させて固定した上で、力を加えてナットを緩めるのです。

 

7.完全に持ち上げるてタイヤを入替え(第二段階)

ナットを少しだけ緩めることができたなら、タイヤが地面から浮くまでジャッキアップします。
そして以下の作業をします。
  1. ナットを取り外す
  2. 夏タイヤを取り外す
  3. スタッドレスタイヤを組み込む
  4. そして、ナットを締めるのですが・・・
 



上が貫通ナットで、下が袋ナットです。ホイールに合ったナットを準備しておきます。
(ナットについては前回の記事で取り上げています)

 

ネジの締める適性な力

この後は、これまで作業してきた手順を基本的に反対に辿っていけばよいわけですが、ナットの締め付けについては注意が必要です。

一般にネジには、ネジを締めるための適正な力というものがあります。過剰に力を加えすぎるとネジ切れを起こしたりします。とはいうものの、締め付けが弱いとはずれてしまいます。車の車輪ともなれば、命にかかわる事故に繋がりかねない問題です。

カーショップや修理工場などでは、適性な力で締め付けることができる道具を使って作業をしています。それ以上の力が加わると空回りするようになっている道具です。分かり易い例は、車のガソリンタンクのキャップです。ある一定以上しめつけると、カチカチカチと空回りするはずです。

つまり、タイヤ交換をした場合のナットの締め付けもしっかりと緩まないように締め付けなければなりませんが、あまりにも過剰に締め付けてしまうとネジが切れてしまうということです。

不安であれば、ホイールナット専用トルクレンチありますので準備しておくと良いでしょう。ただし、決して安い道具ではありません。

KTC 12.7sq.ホイールナット専用トルクレンチセット TWCMPA319

 

8.ナットを締める

ということで、スタッドレスタイヤを取り付けてナットを締め付けます。緩めるときにはジャッキアップを2段階で行いましたが、締め付けるときのジャッキダウンは3段階にわけます。

 

①ナットの取り付け(第一段階)

タイヤが地面から浮き上がっている状態でナットを取り付けます。車輪が動く状態のこの段階では軽く締める程度で十分です。

ところで、ナットを締め付ける場合は対角線に締めるのが基本です。上方のナットを締めたら下方のナットを締め、右のナット、左のナットという順番に行います。

これはナットを均等に締め付けをするために大事なことですので、面倒がらずに実行しましょう。

 

②タイヤが地面に設置して車輪が動かない程度だけジャッキダウン(第二段階)

さらにジャッキダウンします。力を込めてナットを締め付けても車輪が動かない程度までジャッキダウンします。

加減がわからない場合は、タイヤが地面に接地した時点でジャッキダウンをストップしてナットを締め付けしてみてください。車輪が動かなければそれでよいし、動いてしまうようならさらにジャッキダウンします。

この時点でナットをしっかり締め付けます。
私の場合は持ち上げるようにして最後の締め付けを行うのですが、わずかに車体が持ち上がるぐらいの力で締め付けをしています。

力加減が不安であれば、ホイールナット専用トルクレンチを用意すると良いでしょう。

 

③完全にジャッキダウン(第三段階)

ジャッキを最後まで下げます。
その状態にして再度ナットを締め付けます。

車は人を乗せて走るものですから、慎重に締め付けを確認するようにしましょう。



 

 

9.繰り返し

タイヤ交換が1本できれば、あとの3本は同じ作業を繰り返します。
だんだんと慣れてくるので作業がスムーズになってくるようになります。

ですが、慎重に丁寧に作業を進めるようにしましょう。

 

10.増し締め

これは絶対に実行して欲しい確認作業です。
タイヤ交換後に数km~100kmほど走行したなら、再度ナットの締め付けを行うのです。

そもそもネジの特性として初期緩みという現象が起こるそうです。
なので、ある程度走行した後に増し締めすることは必要なことなのです。

 

自己責任

ここでご紹介したタイヤ交換のやり方は、私が実際に行っているやり方です。何度となく作業してきた私のタイヤ交換の作業手順です。

幸いにもこの方法に起因する事故や問題は起きたことがありませんので、これからもタイヤ交換をする機会があれば同じ方法、同じ作業手順で作業をすると思います。

だからといって、これらの方法を強制するものでは全くありません。それに、例えばナットの締め付けの力加減などのように私個人の経験的な部分などがあり、伝えきれていないところが多々あるように思います。

したがいまして、この記事を参考にしてタイヤ交換をされることは嬉しく思いますが、あくまでも自己責任となりますことをご承知おきください。

 

【中古車在庫多数】欲しいクルマを今すぐ提案