セブンカード・プラスを作ったのは現金チャージやチャージ残高を気にする煩わしさから開放されたかったから


201407140110sevencard

nanacoポイントがつくクレジットカード『セブンカードプラス』を作った。

つい先日、私はセブンイレブンの電子マネー『nanaco(ナナコ)』を作ったばかりであった。実際にnanacoをつかってみると、小銭の出し入れが不要なのでとても便利であったのだが、現金チャージがやや煩わしく感じてしまったのだ。

それならば、チャージが不要でポイントがつく『セブンカード・プラス』であればもっと便利だろうと考えたのだ。

スポンサード リンク

電子マネーのnanacoを使ってみて

私がコンビニを利用する機会は多くはない。それでも月間数千円はセブンイレブンで買い物をしている。

先日、たまたまnanaco(ナナコ)の新規入会のキャンペー中であることを知り、同じ買い物をするならポイントがついた方が得であろうと考えてnanacoカードを作った。

201406280101nanaco_card

はじめは2千円のチャージから始めた。

使ってみると、支払のときにお金を出す必要がないし、お釣りを受け取って財布にしまう手間がない。サイフから現金を出し入れする面倒から開放されたようであった。

その便利さも相まって、すぐにチャージ分を使ってしまい、次の支払のときには残高不足となってしまった。その場は追加で2千円をチャージして支払を済ませたのだが、ちょっとした煩わしさを感じてしまった。

ここでいう、ちょっとした煩わしさとは次の2点である。
  • nanacoに現金をチャージする煩わしさ
  • nanacoにチャージした残高を把握する煩わしさ
おそらくは、nanacoの使い方次第で解決する問題なのだろうが、煩わしいと感じてしまったのは事実である。

例えば、チャージ金額を1万円単位で行っていれば頻繁に気に留めることもなくなるだろうことは、私にも容易に想像できる。けれど、そもそもコンビニをさほど利用しない私がnanacoに1万円単位の現金をチャージするのもどうかという気がしないでもないのだ。

では、クレジットチャージはどうであろうか?

クレジットチャージの具体的な方法は、
  1. 事前にクレジットカードを登録した上で、
  2. ネットでクレジットチャージの申込をし、
  3. 店頭のレジで受け取りを確認しなければならない。
これなら現金チャージをした方がよほど簡単な感じがする。

これらのことから、nanacoポイントがつくセブンカード・プラスを作ったほうが、よりシンプルで分かり易いのではないか、ということになったのだ。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスの特徴は、セブン&アイ グループでクレジット払いの買い物をすれば高還元率のポイントがつくという点である。クレジットカードなのだから、現金チャージをする手間やチャージ残高を気にする煩わしさもない。つまり、nanacoよりも便利なことは明らかである。

良いことづくめのように見えるセブンカード・プラスであるが、nanacoと比べて他にどんな特徴があるだろうか。

ポイントの付き方

セブンカードでは、クレジット払いであればポイント還元率が1.5倍となってお得であるとアピールしている。具体的には、nanacoは100円につき1ポイントがつくのだが、セブンカード・プラスでは200円に3ポイントがつくことになっている。これが、還元率1.5倍の内容である。

ここで注目したいのは、ポイントがつく単価に違いがある点である。そこで具体的に買い物額のポイントを比較するとよくわかる。

100円~199円
nanaco:1ポイント > セブンカード・プラス:0ポイント
200円~299円
nanaco:2ポイント < セブンカード・プラス:3ポイント
300円~399円
nanaco:3ポイント = セブンカード・プラス:3ポイント
400円~499円
nanaco:4ポイント < セブンカード・プラス:6ポイント
1,000円~1,099円
nanaco:10ポイント < セブンカード・プラス:15ポイント
これらのことからいえるのは、セブンカードは小額の買い物ではポイントのメリットを受けにくい。そのかわり、セブンイレブンで1回400円以上の買い物をするならメリットがあるといえそうだ。

セブン-イレブンでポイント還元率1.5%!セブンカード・プラス

セブンカード・プラスの年会費

セブンカード・プラスはクレジットカードであるので、nanacoにはない年会費がかかる。ただし、年会費がかかる条件があるので確認しておく必要がある。

条件1 年会費は2年目からかかる
入会1年目は無料なので、とりあえず作ってみても損はない。実際に使ってみて利用価値がないとおもったなら退会すれば良いのだ。
条件2 ショッピングの年間利用額が5万円未満の場合に年会費がかかる
年間5万円というのは、月間平均で4,200円足らずである。この金額をどう見るかは、それぞれの利用の仕方次第となる。

実際のセブンカード・プラスを作るまで

ところで、セブンカード・プラスの作り方についてであるが、申込自体は非常に簡単である。

セブンカードのサイトからオンラインで申込をするのだが、支払をする銀行口座をここで登録設定をすれば、ペーパーレスで申込が完了してしまう。(キャッシングを希望しない場合)

6月28日

オンラインで申込したのは6月28日であった。
私の場合、次のものを手元に準備して申込登録の手続きを行った。
  1. 運転免許証
  2. 支払をする銀行のキャッシュカード
201407140121card

申込は5つのステップで構成されているが、画面の指示に従って入力するだけである。最後の『入会受付番号』が発行されて受付完了である。

ちなみに、申込したのはセブンカード・プラスであり、クレジット会社はVISAをチョイスした。

入力が完了するとすぐに登録したメールアドレスに、「入会受付完了のご案内」のメールが届いた。

メールの発信人は次の通り。

株式会社セブン・カードサービス
(業務代行会社)株式会社ジェーシービー カード発行部

6月29日

オンライン申込をして翌日の6月29日には、「入会判定結果のお知らせ」のメールが届いた。念のためサイト上でも判定状況を確認した。

201407140125hanteikakunin

カードの到着を待てばよいようだ。

7月8日

セブンカード・プラスが届いた。申込してからちょうど10日目で届いたことになる。ペーパーレスで申込できたことが、短期間でカードが届いた理由であろう。

2014007140110card

初めてセキュリティ・パッケージなるものを見たい。
やはりJCBが業務代行をしているようだ。

201407140111card

セキュリティ・パッケージをを開封してみると、通常の封筒が入っていた。セキュリティ・パッケージは配送業者に取扱の注意喚起をするためのもののようだ。

カード到着後の登録

これでカードが使えるようになったわけだが、できればすぐにカードのID登録をしておきたい。

201407140131shinkitouroku

この登録をすることで、はじめてサイトのIDとパスワードが発行されることになる。

サイトでは、カードの利用状況などが確認できるようになるというわけだ。

201407140135shinnkitouroku

これで、晴れてカードが利用できるようになったというわけだ。

ところで、カードの利用枠についてだが、ショッピングの利用枠は50万円となっていた。正直、これは望外な利用枠であった。私は主にセブンイレブンで使うことを考えていたので十分過ぎる利用枠である。

キャッシング枠については申込時点で希望しなかったので、当然ゼロである。仮にキャッシングを希望した場合には年収証明書の提出が必要になるはずである。そして、違った審査が必要となることを覚えておくとよいだろう。

ちなみにnanacoカードはかみさんに使ってもらうことにした。それぞれで専用にカードを持っていた方が便利だからだ。

さて、セブンカード・プラスの真の評価はこれからの使い勝手によることになるだろう。

セブン&アイ・グループのセブンカード・プラス