カテゴリー別アーカイブ: サッカー

日本にグループリーグを常時突破するほどのチカラは、まだない

日本がグループリーグを敗退したショックは、今もボクの体の中に重石のように居座っている。

おそらく、ワールドカップブラジル大会が閉幕するまでは居座るだろうし、日本代表の新体制ができて一歩踏み出すまでは気持ちを切り替えられないのかもしれない。

続きを読む

グループリーグ0勝1分2敗の敗退の日本サッカーが4年後のワールドカップに向けて何を目指したら良いのか

日本代表はコロンビア戦を1-4で負けたことで、日本のワールドカップは終わってしまった。ワールドカップブラジル大会の対戦成績は、0勝1分2敗の成績でグループリーグを敗退することになった。

対して同じCグループのギリシャは、コートジボワールに2-1で勝利したことで、逆転してグループ2位となり決勝トーナメントに進むことになった。

それだけに、日本が勝てなかったことが悔しい。

続きを読む

今となっては決勝トーナメントよりも大事なこと

最悪の結果ではないけれども、まずまずの結果でもない。日本vsギリシャ戦のドローは、そういうことだったと思う。

救いなのは、コロンビアがコートジボワールに勝ったことでグループリーグ突破を決めたことである。このことによりコロンビアにスキがうまれる可能性がある。主力を休ませたりすることが考えられるからだ。

ギリシャは日本に勝っても負けてもコートジボワールに勝つ必要があったのだが、心理的には勝ち点が1と0では1の方がモチベーションを高く保てるかもしれない。尤も勝ち点3であれば、コートジボワールとの一騎打ちにはなったはずなのだが。

日本の星勘定をすれば、そういうことになる。

続きを読む

日本のサッカーはターニングポイントを迎えている

サッカーワールドカップ・ブラジル大会が開催されている。

グループCの日本代表は初戦のコートジボワール戦を1-2で落としてしまった。日本らしいサッカーを追い求めてきたはずのザックジャパンだったが、その日の戦いぶりは敗戦以上のショックを私にもたらすことになった。

コートジボワール戦で私が目にしたものは、4年をかけて求めてきた日本のサッカーではなかったのだ。

続きを読む

無観客試合 制裁を無駄にしないために浦和レッズが向き合わなければならない問題の本質とは

P1030300P1030300 / yoppy
 

3月23日、Jリーグで初の無観客試合が行われました。
そのJリーグ史上不名誉な試合は、浦和レッズvs清水エスパルス戦(埼玉スタジアム2002)でした。

私はテレビで観戦しましたが、観客席には誰もいないスタジアムでの試合はまるで練習試合と見まごうようでした。場内アナウンスすらなく、聞こえてくるのは選手や監督の声ばかりでした。

歓声や声援の無い中で選手や監督の声だけが響くというのは、どこかスカスカで気の抜けたコーラのように味気ない試合でした。

続きを読む

横浜マリノスが優勝した天皇杯はリーグ終盤の2試合を思い出さずにはいられない

Soccer Balls Net 7-22-09 1
Soccer Balls Net 7-22-09 1 / stevendepolo


私は横浜マリノスのサポーターではありません。それでも1月1日の国立競技場での天皇杯ファイナルは楽しみにしていました。

結果は横浜マリノスが2-0で勝ち、天皇杯優勝となりました。
反対にサンフィレッチェ広島は天皇杯ファイナル8連敗となってしまいました。

 

続きを読む

サッカーを見る楽しみとは



サッカーでは、FW(フォワード)が何度ミスしても得点をすれば脚光を浴びて、DF(ディフェンダー)が何度ピンチを防いだとしてもたった1度のミスで失点すれば叩かれてしまいます。

サッカーとは全く理不尽なスポーツです。

でも、その得点はFWだけの力だったのでしょうか。
その失点はDFだけのせいなのでしょうか。

続きを読む

サッカー日本代表を育てるのは誰か



あれは「FOOT×BRAIN」のテレビ番組だったかは定かではないのだけれど、日本代表キャプテンである長谷部選手のコメントが興味深かったのです。
彼がいっていたことは、コンフェデレーションカップの大会後にいろいろ見たのだけれども、中田さんやオシムさんの言っていることはブレがなくて流石だなと思った、みたいなことを言っていたようです。

続きを読む