2014年11月14日開催『1日集中ショップできすぎくん研修会』に参加してきました




2014年11月14日、「もしもドロップシッピング」のショップ作成ツール『ショップできすぎくん』の使い方に関する研修会があり参加してきた。

私は2014年6月には「もしもドロップシッピング」の会員登録をしていた。それでネットショップを作ってみたのだけれど、そのときにはうまく作れずに半日で作業を止めてしまっていたのだ。

そんなことがあったので、今回の研修会を機に再チャレンジしてみようかと考えたのだ。

スポンサード リンク

ドロップシッピングというネットショップ

そもそもドロップシッピングとは、商品の仕入れをせず在庫も持たないネットショップで、注文が入ると商品は直接メーカーなどから送られるネット販売の手法である。「もしもドロップシッピング」は、日本最大のネットショップ開業サービス会社である。

その「もしもドロップシッピング」のウリは、無料で『ショップできすぎくん』というツールをつかえば初心者でもネットショップが開設できるという点にある。

それでも最低限の勉強は必要なわけで、初心者の私でも簡単にネットショップを作れるなどと舐めた結果が、中途半端に止めてしまった原因である。もっと言えば、本気で取り組む気がなかったのである。


研修概要

参加した研修会の内容は次のとおりであった。

研修名 『1日集中ショップできすぎくん研修会(東京・新宿開催)』
日時 2014年11月14日(金) 10:00-16:30
場所 もしもドロップシッピング内(新宿)
講師 奥成氏(もしもドロップシッピング研究所代表)

対象者
  • ショップできすぎくんの使い方がわからない方
  • ページ編集やショップのアレンジ方法がわからない方
  • インターネットに接続できるノートパソコンを持参できる方
その他、募集数は先着4名まで。

研修費用:10,000円

特に私が参加することに決めたのは、4人という少人数でパソコン持ち込みという点であった。少人数ということであれば講師の指導が行き届くだろうし、パソコンを操作しながらの作業は理解しやすい。参加するだけのメリットはありそうだと考えた理由である。


研修の評価

さて、実際に参加してどうだったかということになるのだが、正直言って評価はしにくい。それは参加者間の格差や1日だけという短期間という難しさもあるように思う。

「私の場合は」という限定で評価するなら、知識的な部分については初心者向け過ぎるため新たな発見は少なかった。

けれど、得ることができたものもある。

ひとつは、私のサイト制作における知識レベルは、実は初心者よりもあるという事実である。もちろん中上級には及ばないものの、確かに初心者よりも知識があることが確認できた。

もうひとつ得られた重要なことは、私に欠けているものは「やる気」「モチベーション」という精神面であることに気付かされた。研修に参加していた他の3名については、一様にやる気に満ちていた。時間とお金をかけているのだから当然なのだが、彼らに比べると自分自身が物足りなく思えてしまったのだ。


やる気

研修会では目新しい知識ややり方はなかった。その代り自分が持っているもの、足りないものが何なのかがわかったという点では有意義な研修であった。

だからなのかわからないが、何故か今は「ショップできすぎくん」を使ってネットショップを作れそうな気がしている。運よくまともなネットショップをつくることができたら、そのときにはまた記事をポストしたいと考えている。

もしもドロップシッピング