メガネの激安がメガネの価値観を変えた




久しぶりにメガネをつくりました。

これまでのメガネだと手元にピントが合わせづらくなり、かえって旧いメガネの方がピントが合わせやすく楽に感じてしまっていました。

そんなわけで旧いメガネは自宅では常用していましたが、金属フレームは歪んで腐食しつつありましたし、レンズはコーティングが剥げ落ち傷も目立つようになっていました。寿命だったということです。

そんなわけで、新しいメガネをつくることにしたというわけです。

スポンサード リンク

近視と老眼

ところで、手元にピントが合わせづらくなったというのはどういうことかというと、主な原因は私の目の老眼が進んだからです。

老眼をメガネでカバーするためには、老眼鏡と近視用の2つのメガネをつくるか、レンズの上下で遠近両用に対応したレンズでメガネをつくるかの選択になります。

ところが、手元にピントが合わせづらい原因が他にもありました。近視の度を強くすると遠くは見えるかわりに手元にピントを合わせづらくなるらしいのです。

だから、旧いメガネの方が楽で見えやすく感じていたのです。

激安メガネ

さて最近では、ひところのメガネの価格からは考えられないほどの激安です。JINS、Zoff、OWNDAYSといったところが激安メガネを展開しています。

私の旧いメガネは5万円ほどしました。それが今回新しく作ったJINSのメガネは5,990円で出来ちゃいました。以前では想像できないほどの安さです。

どうしてこんなに安くできるのか不思議です。というよりも、そもそもメガネの妥当な価格というのもわからなくなりました。


メガネのファッションアイテム化

お店に実際に足を運ぶと気付くのですが、他のメガネ屋さんと比べると圧倒的にお客さんの人数が多いのです。安いからお客さんがたくさん来るということなのですが、それ以上にメガネがファッションアイテムの1つとして考えられるようになったのです。

つまり、メガネは1本あれば良いという価値観から、複数本所有してファッションやTPOなどに合わせて使い分けるように変わったといえるでしょう。だから、洋服を見てまわるようにメガネも見て回るファッションアイテムの1つといえるようになったのです。

人件費の圧縮

それから視力検査は、最新機器を利用して短時間で検査が終了してしまいます。このことは1人にかける時間が短くなるので、より多くのお客さんの対応ができるということになります。

また、店内の役割分担が明確に分かれていて、視力検査、支払い、商品引渡しがそれぞれ担当が違っていました。このように担当守備範囲を限定することで、アルバイトなどでも対応できるようにしたものと考えられます。

事実、JINSでは1店舗に社員が1名ぐらいしかおらず、あとはアルバイトを活用しているようです。

結果、大幅な人件費の圧縮を可能にしているのです。

製造コストの削減

JINSのメガネは製造から販売まで一括管理されています。一括管理のメリットは中間業者が存在しないので、コストを抑えることができるのです。



フレームは人件費の安い中国製です。

これまでのメガネ屋さんはというと、ほとんどが福井県鯖江市にあるメガネ工場に外注していました。コスト競争では太刀打ちできない環境だったといえそうです。

メガネのネット販売

JINSメガネを受け取って、最後にオンラインショップのクーポンに関するチラシを貰いました。これは、オンラインにユーザー登録をすると、期間限定でオンラインショップの30%OFFのクーポンコードが取得できるというものです。

要するに、2本目のメガネをネットで割安に購入できますよ、というものです。少し前では考えられませんでしたが、メガネがファッションアイテム化して5,000円~10,000円の価格になっているので、全然アリな話しです。

今回私が作ったメガネは、5,990円でした。クーポンを利用して2本目を作ろうと思えば、4,193円で出来てしまうということです。(送料無料)

メガネでおしゃれ。JIN’sのメガネ通販(\5250〜)

メガネは消耗品

たとえば腕時計などは使い方次第で一生モノどころか、親子で使うことも出来たりします。

ですが、メガネは消耗品です。普通は数年で買い替えに迫られるはずです。

そうであるなら、数千円の価格であったほうが気軽に買い替えできて楽しいし、楽しむことができるというものです。

このように考えてくると、これまでのメガネの価格が異常で、JINZやZoffの価格が本来あるべき価格に思えてきてしまうから不思議なものですね。