財布を失くしたので新調しました


先日、財布を亡くしました。

といってもコインケースの方なので大きな損失ではなかったのですが、それでもコインケースがないと不便で仕方ありません。
札入れ財布に小銭を入れておけば良いのでしょうが、厚みを増す上に形が崩れてしまうので、ボクは極力札入れ財布には小銭は入れないようにしています。

仕方なくコインケースを新調しました。


スポンサード リンク

この小銭入れはFIGAROです。

コインケースには、ホックで留めるタイプとファスナータイプとあります。
どちらにしようか迷いましたが、これまで使っていたのがホック留めタイプだったので、今回も使い慣れているホック留めタイプにしました。

何故ボクが、札入れとコインケースを別々にしようしているかというと、いくつか理由があります。

一つの財布でお札と小銭を一緒にしてしまうと、財布の厚みが無駄に増してしまいます。
しかも、その厚みは全体に増すというよりも真ん中が膨らむ山なり状態です。

これでは財布のデザインを損なってしまいます。
レジで財布を取り出した際に、スマートではなくなってしまいます。

もう一つの理由は、女性の財布と区別したいという気持ちがあるからです。

あくまでもボク個人のイメージなのですが・・・
レジで支払うときに財布からお札を出した後に、小銭を同じ財布に指を入れて目的の硬化を探し出して取り出す仕草をする、女性っぽくないでしょうか

そんな光景は、生活感が漂うスーパーのレジで支払いするシーンが似合うように思うのです。

こういったイメージや見た目の理由から、財布は札入れとコインケースを別々に使い分けるようにしているのです。


ボクが今使っているお札入れの財布です。
GREEDの長財布です。

実は、以前のボクは二つ折りの財布を好んで使っていました。
二つ折りの方がスーツの内ポケットにスッポリ収まるし、長財布と比べて飛び出して落とす心配も格段に少ないからです。

要するに持ち歩きに便利なのが、二つ折りの財布なのです。

ところが、ある本を読んでから財布を長財布に変えることにしました。

成功者に見習うと言うのは、常に凡人の考えることです。
もちろん、ボクもそうなのです。^ ^

長財布に変えてから数ヶ月経ちますが、特に生活に変化はありませんね。
ただ、支払いする際に取り出す財布が長財布だと生活感がアップしたような錯覚を覚えるのは確かです。

その意識の変化の積み重ねが、ビジネスや生活に変化をもたらすのかもしれませんね。