鍋を使わずにインスタントラーメンができる


 



スーパーでこんな商品を見つけました。

電子レンジでインスタントラーメン(袋麺)ができるというスグレモノです。

スポンサード リンク


そもそも私はラーメンが好きです。
ラーメンとは、ラーメン屋さんのラーメンはもちろんのこと、インスタントラーメンやカップラーメンも範疇にはいっています。

そして、ラーメンに求める私なりのこだわりは“安いて旨い”というただ1点です。
逆に言えば、値段の高いラーメンはラーメンにあらずです。w

安くて旨いラーメンだからこそ価値があるのだと思っています。

 

能書きはさておき、この容器は鍋を使わずに電子レンジでインスタントラーメンを作ってしまおうというものです。



作り方は簡単です。
容器に水500ccを注ぎ麺を入れて電子レンジで7分加熱し、最後にスープを加えれば出来上がりです。
野菜を加えたい場合は、麺の上に野菜を乗せてから加熱すれば良いだけです。



水のかわりに最初からお湯を注げば時間短縮ができるようです。
また、電子レンジのワット(W)数が高い場合も短い時間でOKのようです。



実際につくってみると、ぜんぜんラクチンです。

鍋を使ってインスタントラーメンを作る場合は、ほぼ鍋についていなければなりません。
ところが、この容器で電子レンジでチンすると、最初にセットした後はひたすら待っているだけです。

まるで、お湯を注いで待つだけのカップラーメンと同じ感覚です。



私の場合はモヤシを乗せて作ってみましたが、何の問題もなく出来上がりました。
全くもって実用的な道具です。

今回、初めて「レンジで簡単ラーメン」を使って作ったのですが、加減というものがわかりませんでした。
おそらくですが、鍋でつくるよりも水分の蒸発が少ないのか、味が薄めになりました。

なので、最初に注ぐ水の量は少な目でピッタリになるような気がします。
あくまで個人の好みの問題ではありますが。



ついでながら、後々電子レンジの時間などがわからなくのも困るかなと思ったら、フタに説明がかいてありました。
これはナイスな親切設計ですね。

インスタントラーメン(袋麺)が好きな方にはオススメです。