ウィキペディアに寄付をしてみた


201407100102wekipedhia

ここ数日のことであるが、ウィキペディアのサイトを開くと上のようなメッセージが表示されるようになった。見るからに胡散臭い感じであるし、最近のネット犯罪のニュースを見ることが多いことから無視をしていた。

けれども、ウィキペディアを利用することが多いのも事実なので、ちょっと調べてみるとサギではなくて本物の寄付を募るメッセージだと知り、今回は寄付することにした。

スポンサード リンク

提示されている寄付額が少なくなった

このメッセージが本物なのかサギなのかを知らべて見ようと思ったのには、ちょっとしたキッカケがあった。それは提示されている寄付額が毎回同じでないことに気づいたからである。

201407100103wikipedhia

最初にみたときには、メッセージの横がこんな感じだった。見ての通り寄付の金額は¥1,000から始まっている。

この時点の私は、正直なところ¥1,000は高いかなと思っていた。そこまでウィキペディアを利用しているつもりはないので、費用対効果を考えると「?」だったのだ。まぁ、寄付なのだから費用対効果なんぞは関係ないのだが。

201407100104wikupedhiあ

ところが寄付額の提示がいつのまにか¥700から始まっていたのである。私としては¥1,000未満なら考えてもいいかという気になったというわけである。

寄付は便利なクレジット払い

寄付はクレジットカードが使えるのでとても簡単である。

201407100105wikipedhia

以前はクレジット払いができなかったようで、寄付するのが大変だったらしい。

扱えるクレジットカードは4つである。VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCBである。

ちなみに寄付を行った当日中には、ウィキメディア財団(ウィキペディアを運営している非営利団体)より感謝のメールが届いた。メール文には寄付の金額と寄付番号の記載があった。どうやら非課税の申告時に利用するためのものらしい。

私の場合は申告するほどの寄付額ではないのだが・・・。