Twitterアカウントがフィッシングサイトに乗っ取られる


「A nasty rumor is spreading about you・・・」

Twitterでこのような全文が英語のダイレクトメッセージを受け取ったことがありますか?

 

昨日の10月25日にTwitterからメールがとどきました。

Twitterと関係ないサービスやウェブサイトによって、アカウントが乗っ取られている危険性が高いと判断いたしました。他の人がこのアカウントへアクセスしてしまうことを防ぐため、アカウントのパスワードをリセットしました

そうなのです。
ボクのTwitterアカウントが乗っ取られたのです!

 

気付いたのは10月22日にフォロワーの方からのダイレクトメッセージ(以下DMと表記)を受け取ってからでした。

なにか 私について 噂が流れてると 英語で tadenosukeさんから ダイレクトメールが来たのですが…どなたかの いたずら ですね(^_^;)

※tadenosukeはボクのTwitterアカウント名です

身に覚えの無い話しでした。
そもそもボクは、Twitterを使いこなせていませんでしたので、DMの送り方さえ知らなかったのです。

とりあえず、DMをくださったフォロワーさんには身に覚えがないこと、送信したのはボクではないことを返事しました。

そのあとで、ボクのアカウントから送られているDM(実際は操作していないのですが)を確認すると、ありました。

驚くことに、10月17日と10月22日に大量に送信されている事実を目の当たりにして、初めてボクのTwitterアカウントが乗っ取られていることを知りました。
ガビ━━(;゚Д゚)━━ン!!

急いで対処法について書かれた記事を検索しました。

対処の方法は、大まかに言えば、

  • Twitterアカウントのパスワードを変更(これで勝手にDMが送られることはなくなる)
  • 既に送信されているDMを削除(受け取っている場合も削除)
  • アプリの連携を取り消す
詳細はこちらを参照
Twitterヘルプセンター

ボクが対処したのは10月23日だったので、その後にTwitter側でパスワードをリセットしたため、結果2度のパスワード変更を余儀なくされなました。

 
安易なクリックは、事故の元だという教訓ですね。
みなさんも気をつけてください。