ギャラクシーの迷惑メール受信拒否の設定方法


迷惑メールに嫌気が差す

前回の記事は、こんな常識はずれの迷惑メールが着てますよ、という紹介でした。
それで、そんなメールは無視しましょうよ、ということを申し上げました。

ボクのスマートフォンには、正月が明けも迷惑メールが届いています。
今年も迷惑メールが届くのかと思うと、ちょっと嫌気が差してきていたところもありました。

スポンサード リンク


迷惑メールを無視する方法は、1つの対策であることに間違いはないのですが、もうすこし積極的に対応してみようかと考え始めていたところでもありました。
ということで、迷惑メール対策をすることにしまいした。

で、どんなことをすれば良いのか調べてみたところ、意外に簡単な設定をするだけでした。
迷惑メールでお困りの方には、オススメしたい方法です。

 

迷惑メールの受信拒否設定

迷惑メール対策は、具体的にはdocomoの設定をすることで迷惑メールが届かないようにすることです。
ということで、実際の設定をしてみます。

まずは、スマートフォンのdメニューをタップします。



すると、dメニューのサイトが表示されます。
画面の一番下まで移動すると上の画像の左端の画面が出てきます。
その中の、「お客様サポートへ」をタップします。

すると今度は真ん中の画像と同じ画面がでてきます。
今度は「メール設定」をタップします。

docomo IDとパスワードの入力画面がでてきますので、IDとパスワードを入力します。
(お持ちでなければ、「docomo ID 新規発行」をタップして新規登録の手続きをしてすすめてください)



IDとパスワードを入力を入力すると、上のような画面がでてきます。

そうしたら、次に「2.迷惑メール対策設定」-「詳細/その他設定」-「詳細設定/解除」をタップします。



上の左の画像と同じ画面がでてきたでしょう。

ここで、URL付きのメールを拒否したい場合は、この「URL付きメール拒否設定」で設定します。(ボクは拒否設定しました)
「設定」をタップして選択し、「次へ」をタップします。

今度は真ん中の画像と同じ画面がでてくるはずですので、「設定」をタップすれば、URL付きのメール拒否設定が完了します。

 

次に「迷惑メール対策へ」をタップして、上の左の画像と同じ画面に戻ります。

 

今度は「受信/拒否設定」です。
設定する場合は、「設定」をタップして選択し、「次へ」をタップして移動します。



上の画像のように、ステップ1から5までが表示さた縦に長い画面になるはずです。

 

ステップ1

▼受信したいメールをチェックします。
通常は、全部選択されたままで良いでしょう。

▼なりすましメールは「拒否する」を選択すると良いでしょう。

 

ステップ2

▼通常は「受信する」のままで良いでしょう。

▼「他のアドレスになりすましたメールは」については、存在するドメインからのみ受信を選択するのが良いでしょう。

 

ステップ3~ステップ5

これらのステップでは、それぞれ個別にアドレスやドメインを登録することで、個別に拒否したり個別に受信したりできるようにします。



上の画像は、それぞれのステップで登録する画面です。
ご覧のように、ほとんど一緒ですね。

では、具体的に見ていきます。

 

ステップ3

ステップ1とステップ2で、なりすましメールを受信拒否していても、アドレスを指定することで個別に受信が可能となります。
必要に応じて、受信設定をタップしメールアドレスを登録しましょう。

 

ステップ4

ステップ1とステップ2で、受信対象からチェックをはずしていても、ここで個別にドメインやメールアドレスを登録することで個別に受信するようになります

例)ステップ1でドコモのチェックをはずして、ドコモの全てのメールの受信しないようにした。
でも、友人のアドレス「○○@docomo.ne.jp」は受信したいという場合に、その友人のアドレスを登録すると、個別に受信するようになります。

 

ステップ5

ステップ1とステップ2でチェックを入れた場合でも、個別に拒否ができます。
ステップ4の逆ですね。

例)ステップ1でドコモのチェックを入れて、ドコモの全メールの受信をする設定にした。
でもむかしの同僚のxx@docomo.ne.jpは受信拒否したい場合に、むかしの同僚のアドレスを登録すると受信拒否されるようになります。
どうです。
想像していたよりも簡単だったでしょう。

迷惑メールに悩まされているのなら、この機能を利用しない手はありません。
これで、うるさいメールからは開放されるはずです。

 

Androidアプリ【ノルナゲスト戦記 ~運命の女神たち~】

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ