キャンパスツアーで大学を見学 価値ある評価




私には息子が2人いるのですが、次男は大学2年生です。その大学から懇談会の案内がきました。放任にしている私としては、息子が大学生になった時点で大学の懇談会にはほとんど興味がありません。

ですが、どんな大学なのかは興味があるので、当日実施される「学生ガイドによるキャンパスツアー」に参加してみることにしました。

スポンサード リンク

学費を納めている大学を見る

次男の通学する大学は立教大学です。
その立教大学を見に行くのは、一も二もなく、相当の学費を支払っている大学を見ないわけにはいかないだろうという単純な考えからです。
だから長男が武蔵大学に通学しているときも、全く同じ理由で武蔵大学に足を運びました。

ところで、大学の授業料がいくらぐらいかかるのか、ご存知でしょうか?
お子さんがいらっしゃらないと、なかなか縁遠い話しで見当すらつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

次男の大学は私立の文系で、その授業料は年間977,500円です。
これが理系になると、プラス300,000円~となるようです。

長男の場合も私立の文系で、一昨年の最終年度の授業料は1,034,900円でした。
つまりは、大学が違えば授業料も違うということです。

また、国公立大学の授業料はというと、私立大学のおおよそ半額前後のようです。
できることなら国公立大学に進学させたいと考えるものですが、国公立大学に進学できるのは一部の子どもさんだけです。

ということで、大勢の親御さんは安くない授業料を支払いしているのです。
安くない授業料を支払いしている大学とはどんなところなのか、私でなくとも自分の目で確かめたくなるのは、ごく当たり前の反応なのではないでしょうか。



 

父の教育方針

私の教育方針は、私の父から受け継いだものです。でも父には、教育方針なとどいう大袈裟なものではなかったような気がします。
ただ、息子である私にしてあげられることををしようと考えていただけのようです。。

「お前は次男だから何も残してやれない。
だから、家をでてからも一人で生活できるだけの学歴は受けさせてやる。」

父が言った言葉です。

父は大正生まれでしたので、家督相続という価値観が残っている人でした。つまり、「次男三男馬の糞」と言われたほどに次男以下はどうでもよくて、長男以外は財産を受け継ぐことができないという時代に育った世代なのです。

それから、父から勉強について何か言われた、という記憶が私にはありません。
ですが、中学から中高大の一貫校に通わせてくれました。

そして、授業参観や入学式、卒業式には父が来てくれていました。
何故母ではなくて父だったのか、両親が亡くなってしまった今では、その理由を確かめることができがなくなってしまいました。

 

私の教育方針

私が息子たちの教育について意識してきたことは、「自立」です。
だから折に触れて言ってきた言葉は、「自分で決めなさい」「好きにしていいんだよ」「自分でコントロールするんだよ」というフレーズです。

反対に「勉強しなさい」などと言ったことがありません。
高校受験や大学受験のときもそうでした。

もしかすると、このことを放任というのかもしれません。

そのかわり、子どもたちの成長を見続けてきました。
長男も次男も小学生のときからサッカーをしていましたが、試合はもちろん練習であっても、休日の度に見学に行きました。

私自身、サッカーが好きということもあり、それは高校3年の部活引退まで続きました。
毎週毎週、見学にくる親はそう多くはなかったはずです。

また、中学や高校の三者面談にも行きました。
ただし、私が三者面談に行くことになったのは、妻が長期に体調を崩してしまったからという事情がありました。

長男の大学受験の進路相談のときや、次男の高校受験と大学受験の進路相談のときも、私が担任の先生と話しをしました。
そこで私は、いつもおなじ台詞を言っていました。

「息子が受験したい学校を受験させたいと思います。」と。



 

キャンパスツアーのガイド

大学内を案内してくれたガイドは女子学生さんでした。
慣れていないのでスムーズとは行きませんが、それなりに楽しく回ることができました。

私が大学について知りたいという思いで、ガイドの話に真剣に耳を傾けていたからでしょう。

そして、もうひとつ重要なポイントがありました。

ガイドをしてくれた学生さんが、自分の大学について誇りを持っている様子が伺えたのです。
自分の大学が好きで自慢したい、そういう気持ちがにじみ出ていたのです。

 

価値ある評価

これから志望校を決めるためであれば、見学してからの評価には意味があります。
受験するか、しないかを判断する材料になるからです。

ですが、既に次男が通学している大学です。
それに点数をつけたところで、どんな意味があるのでしょう。

仮にマイナス面を見つけて指摘したところで、次男のプラスになるとは思えません。

 

それでも、わざわざ出かけて大学を見学してきただけの価値が十分にあったと思っています。

あらかじめ次男から話しをきいていたとおり、キャンパスは決して広くはありませんでした。
ですが、その中に木々や芝生、蔦などの緑が豊かでした。

そして、レンガ造りの歴史ある建物を残しつつ、新しいデザイン性が感じられるビルもバランスよく調和していました。

学内を歩いている学生をながめると、自身に満ちているようにもみえて、羨ましく感じられました。きっとこの子達は、卒業後もこの大学に誇りを持ちつづけるのでしょう。



 

いい大学だね

ああ

翌日、私と次男の会話はそれだけでした。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ