再びフィットを選んだ理由、ハイブリットを選ばなかった理由




車を買い替えることにしました。
選んだのはHONDAの新型フィット1.3L(FIT3)です。

実は今まで乗っていた車もフィットなので、フィットからフィットへの買い替えということになりました。

スポンサード リンク

再びフィットを選んだ理由は

これまで乗っていたフィットは2009年3月に購入した車です。走行距離は35,000kmを越えて車の調子はとても良く、買い物や旅行に活躍してくれています。

フィットは良くできたコンパクトカーで、燃費が良いし小回りが利くので、どこにでも気軽に出かけることができます。また、小振りな外観からは想像できないほどの広い居住空間と広々した荷室スペースの確保にも成功しています。

驚いたのは、高速道路での高速巡航をしても不安なく走り続けることができることでした。2011年のあの震災があっことで、何度このフィットで日帰り帰省(往復600km越)をしたことか。その間、一度もトラブルに遭うことはありませんでした。

これほどに高い評価をしているフィットなので、わたしが乗り換えに同じフィットを選ぶことは、ごく自然なことだったのです。

それならば、なぜ今買い替えしたのでしょうか?

車の凹みとキズが動機

実は、今のフィットの左後ドアには目立つ凹みとキズがあります。

車の凹みとキズは、息子(長男)が新車1年目にガードレールに接触してつけたものです。息子は免許とりたての初心者で運転が未熟だったのです。

そのときはさすがにショックでしたが、私以上に息子の方がショックを受けていました。

そのときすぐに修理をしていれば、買い替えをする時期が違っていたことでしょう。ですが、一度あることは二度あるだろうと思って、そのままの状態にしておきました。確かに外観は気になりましたが、実用上は問題がなかったのです。

それがいけなかったみたいです。

修理費用は概算見積もりで約20万円ということでした。新車1年目であれば、泣く泣くであっても20万円を支払って修理をする気になれたかもしれません。それが2年・3年と経ってしまうと、今さら修理してもという気分になってくるものです。20万円の修理費用というハードルが心理的に高くなってしまっていたのです。

とはいっても、車を見るたびに凹みとキズは嫌でも気になります。ボディに光沢が残っているだけに、その部分が気になって仕方なかったのです。

これが、車を買い替える一番の理由になりました。凹みとキズが車を買い替えるタイミングを早めたのです。

コンパクトカー

私がコンパクトカーを選んでいるのは理由があります。

ひとつは住宅事情によるもので、2000ccクラス以上の車だと車庫スペースがないのです。ですから、今の住まいに引越しするときには、同時に車も買い替えました。

それから、自宅周辺の住宅街は道幅が狭いので大きな車ほど運転しにくくなります。実用性を考えるならば、コンパクトカーの方が圧倒的に走りやすいのです。

二人いる息子たちが成長したこともスケールダウンした理由です。息子たちが中学・高校生ぐらいまでなら、家族みんなで車に乗って出かけることがありました。ですが、今ではかみさんと二人で出かけることがほとんどです。コンパクトカーで十分なのです。

そういうことで、2009年にコンパクトカーであるフィットに乗り換えたというわけです。


ハイブリットを選ばなかった訳は

今回の買換えでは、ハイブリット車を選ばずに普通のガソリン車を選びました。それは、コンパクトカーに買換えたときの理由と似ています。

私が何かを選ぶときに重視するものの1つとして、コストパフォーマンスがあります。それは、一般的に言われるコストパフォーマンスの意味に加えて、私の使用環境や嗜好にいかにマッチしているかも含めて、トータル的なコストパフォーマンスを評価しています。

フィットのハイブリット車と1.3Lのガソリン車では、43万円の価格差があります。確かに燃費は36.4km/Lと26.0km/Lと差があるのですが、車両価格差分があるとは思えません。

仮に1Lのガソリン代が155円だとすると、43万円では2774Lのガソリンに相当します。燃費26.0km/Lであれば72,124kmの走行が可能ということになります。私はこれまでに1台の車で、これほどの距離を走ったことはありません。

もちろん、これだけがハイブリットの魅力でないことは承知しています。ですが、私にはまだそのタイミングではないと考えています。

たとえばスマホですが、すぐにガラケーから乗り換えた人もいれば、最近になってから乗り換えた人もいます。私がスマホに乗換えはのは昨年のことでした。

つまり、新しいものに乗り換えるタイミングというのは、その人の価値観や考え方に左右されるので、千差万別になるのです。

今回のフィット(FIT3)から次に買い換えるときが、たぶん私のハイブリットに買い換えするタイミングなんだと考えているところです。

【中古車在庫多数】欲しいクルマを今すぐ提案