消費者庁から措置命令をうけたKDDI au iPhone5の高速通信75Mbpsは実人口カバー率はたったの14%!


KDDIが消費者庁から措置命令を受けました。新聞各社や朝のテレビで報道されていたので、ご存知の方も多いことでしょう。

問題となったのは、auスマートフォン(スマホ)のiPhone5の高速通信サービス(受信最大75Mbps)が一部の地域でしかサービスを受けられないにもかかわらず、ほとんどの地域でサービスが受けられるように表示したことです。

スポンサード リンク


auのホームページやカタログには、平成25年3月末には同社が扱うiPhone5の高速通信サービス(受信最大5Mbps)は、2013年3月末までに実人口カバー率が96%に拡大するとしていました。
ところが、実際の実人口カバー率14%だったということです。

これらが表示されていたのは下記の期間です。
・ホームページ 平成24年9月~平成24年11月
・カタログ 平成24年11月~平成24年12月

 

このような誤記載が起きたのは、KDDIのauではiPhone5の他にAndroid(アンドロイド)搭載のスマートフォンも扱っていて、社内で混乱しためのようです。2013年3月末までに実人口カバー率96%にするというのはAndroid搭載のスマートフォンのことだったわけです。

といっても、iPhone5では受信最大75Mbpsのサービスが実人口カバー率14%のためサービスを受けることができませんが、受信最大37.5Mbpsのサービスは広く普及しているので、LTEのサービスが受けられないということではありません。

それにしても、高速通信75Mbpsのサービスが受けられると信じてauのiPhone5を契約したユーザーはどのような思いで、このニュースを受け止めたのでしょうか。KDDIでは解約の申し出があった場合は、通常の解約手続きとするとしているようです。

 

消費者庁
KDDI株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について

KDDIで
「〈重要〉 2013年5月22日 消費者庁措置命令に基づくお詫びとお知らせ

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ