1人だけで行った謝罪会見 女子柔道代表の園田監督の暴力指導について


柔道女子日本代表の園田監督が記者会見をしました。
全日本柔道連盟に進退伺いを出すとのことで、辞任する意向のようです。

しかし奇妙だったのは、たった1人での記者会見だったことです。
違和感を感じます。

「自分は特殊なんだ」

園田監督は答えてましたが、納得した人はどれほどいたでしょうか。

DSC_0099
DSC_0099 / hakuseki


選手15名が連名で日本オリンピック委員会(JOC)に訴えたという異常事態は、この問題がいかに根深い問題であるかを示しているように思われます。

本来であらば、暴力やパワハラが発覚した時点で全柔連が適切に対応していれば、事態は収束したと考えられます。
ところが、全柔連の組織自体が暴力指導を容認する体質があったために、厳重注意等の処分にとどまり、監督続投という一般社会では信じられない決定をしました。

そして、1月31日の記者会見は園田監督一人だけの記者会見となったのです。


下村文科相がJOC主体で調査するよう求めるのは当然のことです。
今後の選手人生に影響しかねない中、JOCに告発した選手のことを考えれば、この問題の調査は全柔連ではなくJOCが扱うべきなのです。

ところが、2月1日の朝日新聞には、聞き取り調査には全柔連関係者も同席させる方針だが、石原則之専務理事は「選手が立会いを拒否した場合は、JOC単独で行う」としているようです。

常識的に考えて、選手が全柔連では解決してもらえないばかりか、事態を揉消されると考えてJOCに告発したのです。
にもかかわらず、聞き取り調査の場に全柔連関係者を同席させるなどというのは論外といえます。

このあたりにも、12月に最初の告発文書を受け取ってから全柔連に丸投げしたやり方も含め、JOCの対応の甘さが見えてしまう気がします。

DSC_0069
DSC_0069 / hakuseki


全柔連もJOCも、この事案は非常に大きな問題であることを是非認識していただき、調査対応をお願いしたいと思います。

この問題は、日本のスポーツ界全体への影響に加え、世界へのインパクトも小さくはないことと思います。
少なくとも東京五輪招致活動に影響を与えることは間違いないことなのではないでしょうか。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ