受け取らないコンタクトレンズに支払いだけが残る理不尽なシステム




私の次男(大学生)が使っていたメニコンのプレミオという2weekタイプのコンタクトレンズです。

それが最近、コンタクトレンズが目から外れてしまう症状がでていました。その症状が改善するようすがないので、次男は1dayタイプのコンタクトレンズに切り替えることにしました。

そこである問題が起きたのです。

スポンサード リンク

メニコンアイ・LIFE・サポートプランの退会ができない

1dayタイプのコンタクトレンズは、次男がネットで購入することにしました。

これまでのコンタクトレンズは、某眼科で「メニコンアイ・LIFE・サポートプラン」というプランに入っていました。これにより、コンタクトレンズの使用数に関係なく毎月定額を支払いしていました。支払いは、学生である次男のかわりに私の口座から毎月2,205円が引き落としされていました。

ですから、コンタクトレンズを切り替えるにあたっては「メニコンアイ・LIFE・サポートプラン」を退会して支払いをストップする必要がありました。



そこで次男は、退会のために某眼科に出向きました。

ところが、契約してから1年間は退会ができないのだそうです。契約したのは昨年の8月で引落しが始まっているのは10月です。実質の契約日はいつになっているのかわかりませんが、少なくとも8月までは支払いが続きそうです。

注意事項

201405270104notes
「メニコンアイ・LIFE・サポートプラン」に入会手続きをする際にに、1年間は退会できないということの説明があったのかどうはわかりません。次男にしても今では覚えていないようです。

それなら「メニコンアイ・LIFE・サポートプラン入会申込書」には記載があるだろうかと確認してみると、確かに記載がありました。

入会申込書の左の欄外に「ご入会にあたっての注意事項」として記載されていました。

その一部を下記に抜粋しました。

ご入会にあたっての注意事項
1.ご入会後1年間は退会できません。会員様から退会のお申出がない限り、本契約は自動継続となります。
・・・・
3.退会手続き後も退会日までの月額費用が発生いたします。
・・・

受け取らないのに支払いするのは納得できません

申込をする時点で、次男が説明を受けていたかどうかは定かではありませんが、説明を受けていたと考えるのが妥当なのかもしれません。また契約書にも文字の大小は別にして記載があるのは事実です。

こういう状況下では、入会から1年が経過するまでは月々の支払いをするしかないのでしょうか。

契約をみれば退会できないということはわかります。ですが、コンタクトを受け取ることもなく、特段のサービスを受けるわけでもないこれからの数ヶ月について、支払いをしなければならないという理不尽さに、私は納得がいかないのです。

こういう場合は泣き寝入りするしかないのでしょうかね。

新しいコンタクトレンズはエルコンワンデー

ところで、切替えた1dayタイプのコンタクトレンズはエルコンワンデー(L-CON 1DAY)というコンタクトを次男は選んだようです。1流メーカー品からは使い心地は落ちるようですが、1日使い捨てなので安さを優先したということでしょう。



口コミなどをみると、合わない人にはもちろんダメでしょうが、それなりに実用的なコンタクトのようです。あとは本人が実際に使ってみてどうかという点だけです。

少なくともコンタクトが自然に外れてしまうことはないようです。次男曰く、

「まあ、大丈夫みたいだ」

とは言っていました。
使い始めて今日で3日が経っているので、大丈夫みたいです。

全国最安値に挑戦中!【アットレンズ】

追記

後日、シールハガキで「メルスプラン退会手続き完了のご案内」が届きました。

201405270111notice

内容は退会受付が完了したこと、退会予定日まではメルスプランのサービスを受けることができる旨が記載されていました。けれど、コンタクトそのものが使えないのでサービスを受けられると言われてもね。

  • 退会受付日 2014年5月23日
  • 退会予定日 2014年8月20日
  • 最終引落日 2014年7月27日
受け取ることのないコンタクトなのですが、それでもあと2回は引落しをするようです。