電気料金が気になるのなら無料の『でんき家計簿』を活用してみる


20141008denkikakeibo

棒グラフはわが家の昨年と今年の電気使用量を示している。折れ線グラフは同じ契約容量の家庭の平均を示している。

実はこのグラフは私が作成したものではなく、「でんき家計簿」というサイトが行っているサービスである。このサービスは無料であるにもかかわらずとても秀逸で、電気の使用状況を確認したり省エネに取り組もうとしている家庭にとっては有効なサービスである。

スポンサード リンク

でんき家計簿でできること

「でんき家計簿」は東京電力が運営しているサイトである。そのため、毎月の電気使用量や電気代のデータは東京電電力が保有しており、そのデータを利用してサービスが提供されている。

「でんき家計簿」のコンテンツメニューは次のようになっている。
  1. 使用量と料金をグラフで見る
    2年分の使用量や料金をグラフで比較
  2. 使用量をみんなと比べる
    よく似たご家庭と比較
  3. ピッタリな省エネ術を知る
    ライフスタイルに合わせた省エネ術アドバイス
  4. 家電アシスト
    あなたの家電ライフをサポート
  5. お得な料金メニューを探す
    ご使用実績からピッタリなメニューを診断
  6. 各種お手続き
    カード払い、お引越しなどのお手続きはこちら
20141007ekakeibo

実際に登録をしてサービスを利用する

サービスを利用をするためには「でんき家計簿」に会員登録をし、電気の「お客様番号」を登録することで、毎月の電気の使用量や電気料金のデータが反映するようになる。

20141008okyakusamabanngo

同時に、自宅の簡単な情報を登録すると「よく似た家庭」との電気使用量の比較もできるようになる。登録情報は下記の通り。
  • 住居タイプ
  • 持ち家/賃貸
  • 暖房
  • 冷房
  • 給湯
  • ソーラーパネル
  • 世帯人員
  • 住居のサイズ(㎡)
住居のサイズ(㎡)以外はプルダウンで選択するだけなので、とても簡単である。

使用量をみんなと比べる

自宅の情報を登録して「よく似た家庭」と実際に比較したのが下記である。

20141008dennkikakaeibo4

折れ線グラフの内、オレンジがわが家、グレーが「よく似た家庭」、グリーンは同地域の省エネ上手な家庭の電気使用量となっている。

このグラフからわかるのは、「よく似た家庭」と比べると毎月の使用量の推移は同じ動きをしているが、わが家は僅かづつ多く電気を使っていることになる。1年間の累計電気代にすれば、相応の差額がでてしまいそうである。

お得な料金メニューをさがす

私はこれまで知らなかったのだが、東京電力にはいくつかの料金メニューがある。自分の家庭ではどの料金メニューを利用すれば得になるのか、設問に従って回答するとシュミレーション結果がでてくるようになっている。

20141008dennkikakeibo7

わが家の場合であれば、「朝得プラン」に変更すれば年間で5,132円がお得になるというシュミレーション結果がでた。これだけの差額が出るのであれば、料金メニューを変更しないでおくのはもったいない。

手続きは、シュミレーションの結果が表示されたページから、「料金メニュー変更の申込」をクリックすれば手続きが取れる。電話連絡などする必要がないところが面倒がなくて便利である。

省エネに活用

ここで紹介した他にも、電気料金の推移や平均気温と使用量を対比したグラフなども見ることができる。無料でこのサービスが利用できるのだから、利用しない手はない。

もしも、省エネに取り組んでいる、もしくはこれから取り組もうというのであれば、「でんき家計簿」を利用して、毎月の成果を確認してみてはいかがだろうか。