クロームでページキャプチャするなら2つのオススメ機能拡張


 



ブログなどを書いていると、webページのキャプチャ画像を利用したいときがあります。そのページがもしも縦長だったなら、Webpage Screenshotという機能拡張が威力を発揮します。ブラウザにChromeを使われている方にはオススメの機能拡張です。

ところが、このWebpage Screenshotでは動作しないwebページがあるようです。

スポンサード リンク

Webpage Screenshot

Webpage Screenshotは操作が簡単で、クリック3回だけでキャプチャ画像が撮れてしまう便利ツールです。ですから私の愛用の機能拡張でした。

そんなときにキャプチャ画像が取れないwebページに遭遇してしまいました。
WindowsのアクセサリーにあるSnipping Toolで一時凌ぎをすることもできたのですが、どうもスッキリしないので探してみることにしました。


意外に重宝しているSnipping Toolです。

 

キャプチャするための機能拡張

探してみると、やっぱりありました。
Awesome Screenshotという機能拡張です。

この機能拡張は、Webpage Screenshotではキャプチャできなかったwebページも簡単に撮ることができました。

操作手順は次の通りです。
  1. アイコンをクリック
  2. キャプチャするタイプをクリック
  3. 編集画面で編集後に完了をクリック(編集しなくとも可)
  4. Saveをクリック
では、具体的にキャプチャ画像を見ながら操作手順を見てみましょう。

1.アイコンをクリック



Chromeの右上にあるAwesome Screenshotのアイコンをクリックすると、スクリーンショットの3つのタイプを選ぶポップアップが出てきます。

2.キャプチャするタイプをクリック

縦長ページをコピーする場合は、capture Entire Pageをクリックします。

3.編集画面で編集後に完了をクリック(編集しなくとも可)



新しいタブが開き、コピーしたページ全体が表示されます。最上部にこのようなアイコンが表示されますので、文字を書き込んだり、丸や矢印を書き加えるなどの簡単な編集をすることができます。編集がおわれば(何もしなくとも)「完了」をクリックします。

4.Saveをクリック



画面が切り替わって、右側にこのようなメニューがでてきますので、「Save」ボタンを押せばスクリーンショットが保存されます。

 

どちらもオススメの機能拡張

以上のように途中で編集画面を経由するために、Webpage Screenshotよりもクリックする回数が1回多いことになります。ですが、Webpage Screenshotではキャプチャすることができなかったwebページでも、Awesome Screenshotはサクっと動いてくれました。これは大きなアドバンテージです。オチオシの機能拡張です。

といっても、Webpage Screenshotも簡単操作でオススメできる機能拡張です。
要は、自分にとってどちらが使い勝手が良いか、ということだと思うのです。

ということで、Webpage Screenshotのシンプルな操作手順も載せておきます。
oneクリック少ないだけで、こんなにもシンプルに感じてしまうものなのです。
  1. Webpage Screenshotをクリック
  2. スクリーンショットのタイプをクリック
  3. 「Save」をクリックして保存
実際の操作はこんな感じです。

1.Webpage Screenshotをクリック



右上に表示されているWebpage Screenshotのアイコンをクリックすると、ポップアップメニューがでてきます。

2.スクリーンショットのタイプをクリック

画面に収まらない縦長のサイトをコピーするときは、「ページ全てをスクリーンショット」をクリックします。

3.「Save」をクリックして保存



画面が切り変わり、右上にこのようなアイコンが表示されています。ここで「Save」ボタンをクリックすればスクリーンショットが保存されます。

こんな感じで直感的に、そしてシンプルに保存まで出来るところが特徴です。

 

どちらの機能拡張も、Chromeウェッブストアで見つけることができます。インストールはダウンロードすれば終了みたいな感じで簡単ですので、ぜひお試しあれ。