モバイル用にノートパソコンを購入!選んだのはSONY最後のVAIO Fit 13A




SONYのVAIOを購入した。Fit 13A モデルSVF13N29EJSである。

最近は廉価版のノートPCばかりを使ってきたのだが、今回は性能とデザインを求めてチョイスした。私にとっては、ひさしぶりの大きな買い物であった。

スポンサード リンク

VAIOが届く

VAIOはAmazonで購入した。

もっと安く販売しているショップもあったのだが、最終的には信頼できるAmazonから購入することにした。失敗するわけにはいかない価格だからである。

とはいえ、購入先窓口がAmazonなのではあるが、販売元はウィンク(WiNK)である。それでもなお、Amazonを経由しているという安心を重視したというわけである。



注文は7月19日、商品到着は7月21日であった。注文時間にもよるのだろうが、標準的な対応スピードである。

包装はご覧のような簡易包装であるが、私は気にならない。過剰包装よりは好ましいぐらいだし、要は中身が保護されていて配送中に傷むことを防げればよいだけのことである。



表には「SONY VAIO Fit 13A」の文字が印刷されている。
心躍る瞬間だ。



フタを開けると、こんな感じで収まっていた。
殺風景である。



箱からPC等を取り出して並べてみた。
シンプルで好感が持てる。



開くとこんな感じである。

VAIOのここがグッド

デザイン

何よりもデザインが気に入っている。VAIOのロゴマークや金属製のボディは、シルバーとブラックのコントラストと相まってシャープな印象を与えてくれる。

モバイルとして

ボディの厚さは14.3~17.9mm、重量は1.31kgである。本体は約325.4mm×223.4mmとなってる。

実際に持ち歩いてみると個人的には決して軽いとは言えない重量だとは思うのだが、苦になるほどでもない。大きさもA4サイズより一回り大きいぐらいである。

これなら常に持ちあるいても問題ない重さと大きさである。

立ち上がり

立ち上がりは電源スイッチを入れてから、ほとんど待たずに立ち上がってくれる。これはデフォルトで「高速スタートアップを有効にする」が設定されていて、シャットダウンをしても待機状態になっているからだ。

だからといって大量にバッテリーを消費するわけでもないようなので、通常の使用では特に問題となるようなことはなさそうだ。なので、私のVAIOはデフォルトのままにしてある。

キーボード

キーボードはフルサイズを確保してあり標準的で使いやすい。キーストロークは約1.2ミリと浅さ目ではあるが、キータッチの感触が良く使いにくさは感じられない。ノートPCに慣れていれば気にならないのではないか。

キーボードの背面が光るのは、少々暗がりでの作業をスムーズにしてくれる。反面、明るいところではキーに打刻された文字を見えにくくしているマイナス面もある。自分の使用環境や好みで設定を変更すればよい。私自身はキーボードの背面が光るように設定(デフォルト)している。オシャ

バッテリー

バッテリーはACアダプターを一緒に持ち歩く必要がないほどである。計測したことはないが、公称のバッテリー駆動時間は約12時間であり、7割程度と考えても8時間以上は持つことになる。よほど重い作業に使用しなければ、バッテリー切れの心配はなさそうである。

気になった点

ある程度つかってみて気になった点がいくつかあるので記録しておく。

ACアダプターの差込口

ACアダプターと本体の接続部には少々違和感を覚える。一般には凹凸形状でカシッと差し込む感覚であるが、VAIOの場合は小さくて浅くてカチッとはめ込む独特なものである。しかも遊び(余裕)を持たせているようなのだが、しっかり差し込まれたのかどうかと不安になってしまう原因になっている。

ただし、バイオのACアダプターはこういうものだと慣れてしまってからは全く気にならなくなったこともお伝えしたい。


PC本体の開閉

PCを立ち上げる際にも気になる点があった。

折りたたまれた状態からPCを開く際にすんなりと開けないのだ。モニター部(上蓋)の方につまみがあるのだが上手くつまめないし、本体部(下部)側にはそれがない。しかたがないので指やツメを差し込む感じて開かなければならないといった具合である。


電源スイッチ

電源スイッチも操作性が良くない。スイッチは右側面の奥に配置してあり、小さくて奥に押し込むタイプである。そのため誤ってスイッチを押してしまうことはないのだが、同時に普通に押してもスイッチは入らなくなっている。

仕方なく反対側を左手で押さえながら右手の人差し指などにチカラを入れて押し込む感じになってしまう。もしかすると指の太い人はペンなどでスイッチを入れなければならないかもしれない。


容量が心もとないSSD

私の購入したモデルではメモリー4GBである。使い始めるまではメモリー4GBには不安があったが、今のところはストレスなく使えている。なので、しばらくは現状のままで暫くは様子見しようと考えている。不満に感じてからメモリーを増設しても遅くはないからだ。
→ VAIO Fit13A はメモリーがオンボードであるため増設はできない。

SSDは128GBであり、さすがに容量不足は否めない。VAIOは外出用を想定していたので、大容量の保存容量は必要ないと考えていた。しかし、容量に余裕がないといちいち外部記憶媒体に保存しなければならず、面倒である。データの保存方法については、工夫が必要である。

ウィンドウズ8

それからVAIOの問題ではないのだが、Windows8はタブレットを意識してインターフェースがつくられているらしく、PCのOSとしては使い勝手が悪い。XPから7に移行した際には戸惑うことなく利用することができたが、8は全く別物といった印象である。

ただし、キーボードやタッチパッドだけでなくタッチパネルを併用すると、より直感的な操作ができるのも事実である。慣れの問題なのかもしれない。

今のところVAIOはお気に入りノート

VAIOは使い始めてから10日程度しか経っていない上に、カスタマイズも不十分で、まだ使いこなせていない感じです。これから少しづつ設定をして使いやすいようにしなければなりませんが、一番の課題はデータ保存をどうするかという点に帰結するような気がしています。

現時点で考えいているのは、メインの保存には無縁LANルーターを介したHDDを利用しようかと考えています。それとモバイル時にはオンラインストレージをうまく利用できないかと考えています。

そんな現状ではあるのですが、それでもVAIOを開いて操作するのは楽しいです。気に入ったデザインのモノを手にすると、人はこんなにもモチベーションがアップするものらしいです。

この分ならば、当分はVAIOを開くだけでもワクワクさせてもらえそうです。
ソニー(VAIO) VAIO Fit 13A (13.3型タッチ/Win8.1_64/Ci5/4G/128G/Office) シルバー SVF13N29EJS
by カエレバ