いろいろできるEvernote(エバーノート)、だからハードルが高く思えてしまう


いろいろできることが初心者にはEvernoteのハードルを高くしている

前から気になりつつも利用したことがないサービスにEvernote(エバーノート)があります。
いろいろなサイトでエバーノートについの記事を見てみると、メモや画像などを放り込んでおき、後から探しやすいので便利なサービスのようです。

けど、今ひとつ理解していないので、とっつき難さを感じていました。

何故そう思うかと考えてみると、何でもできそうな印象を受けるために、何から始めてよいのかがわからない印象を受けます。
それがボクのような初心者が使い始める最初のハードルを高くしてしまっているのかもしれません。

 
スポンサード リンク

名刺管理をEvernoteではじめてみる

そこで、エバーノートの初心者であるボクは、エバーノートを名刺管理に利用することから始めるてみることにしました。
ボクの環境は、パソコンはWindows、スマートフォンはGALAXY(Android)です。

エバーノートを利用するためには、ソフトをインストールしなければなりません。
Evernoteのサイトからインストール(無料)しましょう。

 



 

インストールが終了するとサインイン(ログイン)するか、新規ユーザーの登録をするかの画面になりますので新規ユーザーの登録をしてください。
もちろん、一旦終了してEvernoteのサイトからアカウントを作成(新規ユーザー登録)することもできます。

手順がわからない場合は、nanapiのEvernote(エバーノート)の使い方ガイドが分かりやすく解説していますので参考にされると良いです。

 

スマートフォンにEvernoteアプリをインストール

Evernoteのセッティングが終わればすぐに使い始められます。
ですが、ここでは名刺管理をすることを優先したいと思います。

ということで、名刺の取り込みにはGALAXYを利用しますので、スマートフォン用のEvernoteアプリをインストールしましょう。

さて、いよいよ名刺の取り込みです。
やり方は簡単です。

 



スマートフォンのEvernoteアプリを起動し、そのアプリ内になるスナップショットで名刺を撮影すればよいだけです。

 



撮影した写真を保存して、左上の✓をタップすればEvernoteに同期して保存されます。

 

Evernoteのすばらしい検索機能

Evernoteのすばらしいところは検索機能が優れている点です。
名刺を写真で保存したわけですが、検索すると高い確率でヒットして呼び出すことができるのです。

これにはちょっと感動します。

ただ、どうも100%検索できていないようです。
撮影の仕方にも影響を受けているようですので、名刺を撮影する場合は明るいところで真上から近くで撮影すると良いようです。

この点さえ注意すれば、名刺整理には強力なサービスといえると思います。
無料のEvernoteは容量が少ないので、気に入ったなら有料サービスに移行するとよいでしょう。

Evernoteで名刺管理をおこなえば、スマートフォンさえあれば何処でも名刺を確認することができます。
名刺本体も、Evernoteに取り込んだ後は思い切って処分するのもよいかもしれません。



 

本格的に名刺管理をするならば、専用にスキャナーを利用する方法もあります。

ただ、初心者がはじめからスキャナーを購入することはオススメできません。
宝の持ち腐れになる可能性大です。

まずは、スマートフォンのカメラ機能を利用する方法から始めるのが望ましいと思います。
使い方よっては、スキャナーの必要性を感じなケースもあるでしょう。(ボクがそうです)

まずは、Evernoteを使ってみることが第一歩です。
なので、これからEvernoteを使ってみようという方は、名刺管理からはじめてみてはいかがでしょうか。

 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ