アクセストレードのアフィリエイター向けカメラワーク座談会に参加してきました


アクセストレード主催の「アフィリエイター向けカメラワーク座談会」(2012年2月23日15:00-17:30)に参加してきました。

ボクはこれまでカメラについてほとんど興味を持ったことがないため、この機会にカメラの基礎的なことが学びたいと思い参加しました。
参加人数は12名と少人数だったのですが、そのおかげで実際の撮影を近くで見る事ができました。また、個別で質問もでき、前々から困っていたことの解決方法をおしえてもらうことができました。

スポンサード リンク


会場はアクセストレードの運営会社である株式会社インタースペースの会議室だったのですが、ボクはちょっと迷ってしまいました。
それは、運営会社がインタースペースであることを知らなかったので、アクセストレード名をさがしてしまっていたためです。また、ビルのつくりというか、雰囲気がヒトを拒絶するような印象だったことも理由のひとつです。
もっとも、印象というのは個人の感じ方ですから、一概にいえないことではあります。

もしも、通路やドア入り口に案内表示があれば、もっとわかりやすかったとはいえますね。

INTER SPACE
■ 成果につながる記事のポイント・オススメ商品 (アクセストレード)

はじめに、アクセストレードからは「成果につながりやすい記事の書き方」の講義がありました。
内容は、報酬を得られているブログの共通している点を整理して、5項目に分けて話されていました。成果を上げているブログと上げていないブログを比較し、客観的にその違いを整理して話されていたので、とてもわかりやすかった内容でした。成果を上げているブログは、「文字は黒を使用している」などというように、シンプルに核心を話されていました。
こういった勉強会でよくあるパターンは、「アフィリエイトのエキスパートですよ」的な話をされる講師の方がいらっしゃいます。でも、初心者向け勉強会では、シンプルでわかりやすい方法を教えていただいた方が、何倍も有意義だといえます。そういう意味で、とても好感の持てる内容でした。

■ 商品撮影レベルアップ術 (フォトグラファー古川氏)

古川氏はプロのカメラマンで、普段は商品撮影や、雑誌の撮影、店舗の撮影などをされているとのことです。
話し方は、あまり慣れていないようすで、滑らかとは言いがたかったです。
それがかえって、身近な親しみやすい印象を与えていたので、結果的に良かったのではないかと思いました。

古川氏は、8つのステップを実際の写真事例や撮影実演を交えてはなされました。

Mini studio
STEP1.カメラのホワイトバランスに注目しよう!
ホワイトバランスは何なのかというところから理解できました。
ボクのコンパクトカメラを使いこなすことが問題です。

STEP2.三脚をなるべく使おう!
小さな三脚でも十分とのことです。
撮影の実演をみていると、なるほど便利そうです。

STEP3.露出補正を使おう!
露出補正はホワイトバランスとあわせて、使いこなし必須に思えてきました。

STEP4.ZOOMで撮ろう!
ZOOMは遠方の撮影だけと決め付けていましたが、背景のぼかしにも<
利用できるとのことなので、使いこなしたいテクニックです。

STEP5.背景を明るめに撮ってみよう!
写真は明るいほうが絶対に良いです。

STEP6.レフバンを使ってみよう!
レフバンという言葉すら知りませんでした。
100円ショップでも手に入るもので十分だそうです。

STEP7.バリエーションも撮ろう!
三脚があると、簡単に撮れそうです。

STEP8.小道具を使おう!
商品を撮る際に、小道具があるのと無いのとでは大きな違いです。
魅力的な商品に見せるには、小物は必須です。

Prop
■ 参加して

ボクがこれまで撮影する際は、ほとんど「AUTO」しか使っていませんでした。
しかし、ホワイトバランスや露出などについて実例を見ると、あきらかに違いが出ることがわかりまました。これまでのボクは、カメラ撮影に関してあまりにも無頓着だったということが、よくわかりました。

今日のような講座は、明日からの写真撮影にも、すぐに活かせそうです。なので、簡単に準備できそうなレフバンなどは、すぐにでも準備するつもりでいます。それだけボクは、カメラに関して無知だったようです。
もっと高いカメラに買い替えようかと考えていたのですが、持っているコンパクトカメラでも、工夫次第で今以上の写真がとれそうな気がしてきました。なので、カメラの買い替えは未だ先になりそうです。

写真の知識がない方は、このような勉強会に参加されると、きっと写真に対する意欲が変わりますよ。