アクセストレード「インターネット広告と薬事法」セミナーに参加


アクセストレードの「インターネット広告と薬事法」セミナーに参加してきました。

ダイエットのブログを運営しているのですが、薬事法の知識がありませんでした。ですが、薬事法がいろいろハードルになっているらしいことは、なんとなく感ずいていました。そこへセミナー開催の案内が届いたので、このチャンスにダイエットブログに関係する薬事法の基本ぐらいは勉強しようと思って参加したのです。

スポンサード リンク


セミナー講師は、JARO(公益社団法人日本広告審査機構)の方がされていました。

はじめにJAROの紹介説明がありました。
JAROの主な事業は、下記の通りです。

・広告、表示に関する相談の受付と処理
・広告、表示に関する審査
・広告主、媒体、広告業などの自主規制期間との連携と協力
・消費者団体、関係行政機関などとの連絡と協調
・企業や消費者に対する教育とPR活動

また、3.11(東日本大震災)直後に評判を落としたACジャパンとの違いの説明もありました。

ACジャパン(旧、公共広告機構)は、公共性のあるテーマの啓発を目的としています。

さて、薬事法ですが、説明を聞いている途中から相当な制約を受けることがわかり始めました。これまでのブログ記事は、薬事法に抵触することばかりに思えてきて、ブログの運営存続も含めて考えてしまっていました。
もし、ダイエットのブログを続けるためには、大幅な軌道修正を余儀なくされることは間違いありません。

■ 薬事法

薬事法とは次の4つを規定する法律です。

1.医薬品
2.医薬部外品
3.化粧品
4.医療機器

それぞれが厚生労働大臣の承認や認証が必要です。承認や認証をうけなければ、効能効果を謳う事ができません。
ですから承認や認証がない「雑品」や「健康食品」などは、上記の4つと同じ効能効果を表示することができないのです。

● 医薬品とは
1.日本薬局方に収められているもの
2.人または動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具等でないもの
3.人または動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされているものであって、機械器具等でないもの

● 医薬部外品とは
下記を目的とし、人体への作用が緩和なもので、機械器具等でないもの
(1)吐き気その他の不快感または口臭もしくは体臭の防止
(2)あせも、ただれ等の防止
(3)脱毛の防止、育毛または除毛
(4)人または動物の保険のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の(衛生害虫の)駆除または防止

● 化粧品とは
人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために、身体に摩擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされているもので、人体にたいする作用が緩和なものをいう
(ただし一般化粧品では使用可の56項目を別途規定)

● 医療機器とは
人もしくは動物の疾病の診断、治療もしくは予防に使用されること、または人もしくは動物の身体の構造もしくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等であって、政令で定めたものをいう

● それでは、健康食品(サプリメント)とは?
正式な定義は無く、一般的には普通の食品よりも「健康によいと称して売られている食品」を指している。
食品とは、すべての飲食物をいう。ただし、薬事法に規定する医薬品および医薬部外品はこれを含まない。

※これらのことから、口から摂取するものは、食品、医薬品、医薬部外品のいずれかに分類されることなります。

(「インターネット広告と薬事法」セミナー資料よりの抜粋)

薬事法では未承認の医療品等の広告を禁止(第68条)しています。
「何人も・・・承認を受けていないものについて、その名称、製造方法、効能、効果または性能に関する広告をしてはならない」

セミナーでは、具体的なNGケースを話されていました。それをきくと、ほとんど何も表示できないと言っても過言ではないかもしれません。もし、使用できる表示や表現だけで記事を書くとなれば、商品の特徴をアピールできなくなってしまいそうです。

ダイエットやコスメ、健康関連のブログやサイトを運営しているのでしたら、薬事法を確認した方が良さそうです。

JAROでは一般の相談も受付するそうですので、詳細を知りたい方は一度JAROのサイトを確認されることをオススメします。
アクセストレードに行くのは、これで2度目になります。
さすがに2度目となると気持ちに余裕がありました。

そこで入居しているビルを写真に収めてきましたよ。

building
新宿NSビルです。ここの8階にインタースペースがあります。

Large clock
ビルに入ると正面には大掛かりな時計が目に付きます。ビルの中はロの字形になっていて、真ん中は天井まで吹き抜けです。

Atrium
吹き抜けを見上げると、こんな感じで圧倒されるつくりでした。
さすが、都心の中心にあるビルですね。

場違いなボクでしたが、周囲を気にせずにシャッターを押しました。
この新宿NSビルは、東京都庁の近くでした。正面からでてすぐ左手に都庁ビルが近くに見えていました。

Tokyo Metropolitan Government Building
 

 

◆初心者応援アフィリエイト◆アクセストレード