スマホとPC間のデータ交換に必須アプリはエアードロイド ダウンロードと基本的な接続方法


スマートフォンで撮影した写真をPC(パソコン)で加工しようとするなら、いずれかの方法で画像データをPCに移さなければなりません。
データのやり取りは、コードでつないだり、SDカードやUSBなどを抜き差ししてデータを移動するものと考えがちです。

もし、あなたがAndroid(アンドロイド)のスマートフォンユーザーならば、スマートフォンとPCとのデータのやり取りには、AirDroid(エアードロイド)という便利なアプリを利用すべきです。

AirDroidをつかえば、コードやSDカード、USBメモリーなどに頼らずにデータのやり取りができるアプリなのです。
しかも、このアプリがなかなか秀逸なのです。

スポンサード リンク

機器の前提

前提条件としては、Wi-Hi環境にある必要があります。
無線LANルーターを使ってインターネット接続やプリンター接続を行っているのであれば、Wi-Hi環境にあるということです。

それから、スマートフォンはAndroidである必要があります。
かなり大雑把に言えば、docomoに代表されるスマートフォンがAndroidであり、アップル社のがiPhoneはAndroidではありません。

PCについては、WindowsとMacのどちらでも利用ができます。
これは、PC側はブラウザ上で操作するためで、どちらのOSであっても動作するからです。

 

AirDroidアプリのダウンロード

次に必要なのはスマートフォンにAirDroid(エアードロイド)アプリをダウンロード(無料)する必要があります。
下記のように、スマートフォンで「エアードロイド」でを検索すれば簡単にみつかります。


softonicのサイトからダウンロードします。

 

AirDroidで接続

スマートフォンはLTE接続をしていると思いますが、AirDroidのアプリを起動させる前にWi-Hi接続に変えておく必要があります。


Wi-Hi接続にしておきます。

 

それでは、いよいよAirDroidの起動です。


AirDroidのアイコンをタップして起動させます。

 


アプリが起動した状態ですが、この時点ではまだPCと接続していません。

 

次にPCのブラウザから、AirDroidのサイトにアクセスします。

http://web.airdroid.com/


ここでパスワードを入力してもよいのですが、それよりも簡単でオススメなのはQRコードを読み取る方法です。

 

先ほどのスマートフォンの画面下、カメラのアイコンをタップするとQRコードリーダーが立ち上がりますの。
PC画面に出ているQRコードをスマートフォンに読み込ませてください。

すぐに読み込みが始まって、スマートフォンとPCが接続状態になります。

 


これはスマートフォンの接続中を示す画面です。

 



 

PCの画面もAirDroidのトップページに変わりました。
このトップページのアイコンをクリックすることで、それぞれの操作ができるようになります。

アイコンには下記のものがあります。
  • メッセージ
  • アプリ
  • ファイル
  • 写真
  • ミュージック
  • 通話履歴
  • 連絡先
  • よく使う連絡先
  • スクリーンショット
  • おすすめ
  • Help
 

試しに写真をクリックしてみます。


するとスマートフォンに保存してある写真を見ることができます。
もちろん、ダウンロードやアップロードもできますので、非常に便利です。

また、画像例ではスマートフォンに保存してあるキャプチャー画像です。

 

このようにPCとスマートフォンのデータの共有がとても簡単に実現できるのです。

もしあなたが、PCとスマートフォンを併用した使い方をされているならば、AirDroidはダウンロードしたおくべきアプリと言えると思います。

 

Androidアプリ【ノルナゲスト戦記 ~運命の女神たち~】

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ