サッカー東アジアカップで見えたこと


 



サッカーの東アジアカップが終わりました。
男子は国内組だけのチームで初優勝を飾り、女子は3連覇を逃した結果となりました。

スポンサード リンク

ザックジャパン

大会を通じての収穫

大会を優勝で終えることができたザックジャパンにとっての一番の収穫は、ワールドカップに向けた新戦力となりうる選手があらわれてきたことでしょう。

これまでの日本代表はメンバーを固定して戦ってきた弊害として、チームの閉塞感が漂いはじめていたように思います。ワールドカップ出場を決めたこれからの日本代表にとっては、コンフェデの結果を見ても明らかなように、さらなるステップアップが必要です。

そのためには、新しいメンバーが代表チームに割って入って、刺激や競争をもたらしてくれることが期待されていました。

そういった中での東アジアカップ大会でしたが、期待通りに新戦力がでてきました。
特に柿谷選手の活躍には目を見張るものがありました。得点王というだけでなく、ゴール前の落ち着きや卓越したボールコントロールはすぐにでも代表に招集されても戦力になるのではないかと期待させるものがあります。

また、豊田選手は得点こそありませんが、効果的なポストプレーなどを見せてくれました。そのまま代表の前田選手にとってかわれるのではないかと思える程にボールのおさまりが良かったという印象でした。

守備では西川選手の落ち着いたセービングは、チームに安心感を与えるものでした。
華やかさはありませんが、徳永選手も不安を感じさせないプレー振りだったと思います。

ザックジャパンが持ち越した課題

反面、中国戦のように3-1とリードしながら追いつかれてしまう稚拙なサッカーはいただけませんでした。守備については、今大会だけではなくて日本代表の課題となっているのは間違いありません。

また、急増チームであったとはいえ中盤の構成力や最終ラインからのビルドアップを見る限り、遠藤選手や今野選手の存在の大きさを改めて知ることになりました。

ザックジャパンの最大の課題が実はここにあるのかもしれません。

 

3連覇ならず

なでしこの苦悩

サッカー女子の日本代表であるなでしこジャパンは3連覇を逃してしまいました。東アジアカップというタイトルを失っただけでなく、先の女子ワールドカップ優勝したメンバーに続く選手が育っておらず、そこには大きな隔たりがあることを突きつけられた大会でもありました。

大会にはなでしこジャパンの精神的支柱でもある澤選手が不在であったことに加え、両サイドバックの近賀選手、鮫島選手のケガのため招集されていませんでした。

これはある面では若い選手にとってはチャンスであったはずなのです。ですが、とくに両サイドバックの選手起用を見る限りでは佐々木監督の苦悩が伺えるようでした。

敗戦後に宮間選手は「チームになりきれていなかった。」とコメントしていました。また、試合を難しくしてしまったのは自分たちだともいっていました。

実際、この日の韓国戦ではミスが多くて自滅したところもあったように思います。

明るい材料

その中で明るい材料としては、大儀見選手がエースストライカーとしての風格がついてきて頼りになる選手になってきたことでしょう。ブンデスリーグで得点王になったことが大きく成長させたのだと思います。

個人的には岩渕選手のドリブル突破などの躍動する姿が見たかったのですが、思いっきりの良さが見られず消化不良気味かなと感じました。もうワンランクの上に成長することを期待したいと思います。

幸いにも次の女子ワールドカップは2015年です。時間的余裕があるわけではありませんが、時間がないわけでもありません。

なでしこの方向を示す

佐々木監督は「試合に出したい気持ちもあるが、リーグ戦でもっと試合に関わらないといけない選手が多い」と言っていました。

ですが、育ってくるのを待てるほどに時間があるわけではありません。2011年のワールドカップで優勝したなでしこジャパンですが、もしかすると若い選手を起用して成長を促す時期なのかもしれません。

世代交代を見据えたとしても負けて良いわけではありませんが、なでしこが何処に向かうのかを佐々木監督が在任中に示すことも必要なのではないでしょうか。