今となっては決勝トーナメントよりも大事なこと


最悪の結果ではないけれども、まずまずの結果でもない。日本vsギリシャ戦のドローは、そういうことだったと思う。

救いなのは、コロンビアがコートジボワールに勝ったことでグループリーグ突破を決めたことである。このことによりコロンビアにスキがうまれる可能性がある。主力を休ませたりすることが考えられるからだ。

ギリシャは日本に勝っても負けてもコートジボワールに勝つ必要があったのだが、心理的には勝ち点が1と0では1の方がモチベーションを高く保てるかもしれない。尤も勝ち点3であれば、コートジボワールとの一騎打ちにはなったはずなのだが。

日本の星勘定をすれば、そういうことになる。

スポンサード リンク

無駄にしてしまった戦い

決勝トーナメント進出を第一に考えるのなら、勝つことを最優先に戦う必要がある。なりふり構わず勝つ戦術で戦うのだ。

だが、それで日本が負けた場合は何が残るだろうか。既にグループリーグの2試合を無駄に戦ってしまった。日本サッカーのスタイルを求めるために攻めて勝つ戦い方をやり通してはいないのだ。

ギリシャ戦では確かに高いポールポゼッション率であった。それは相手が引いて守るチームだからであって、日本がゲームの主導権を奪い取ったものではない。

ギリシャは1人退場者をだしてからはさらにゴール前に引いて守るようになった。それからの日本は、固めたギリシャの外側でパスを回し、サイドから単純なクロスをあげるだけに終始してしまっていた。

求められたいたのはパワープレイではなく、ボールを奪われることを恐れず勇気をもって中に切れ込むプレイであったはずだ。ワンツーやドリブルでしかけることが必要だった。ミドルシュートで前に釣り出すのも効果があったかもしれない。それが日本の目指す戦い方であったのではないか。

またもやパワープレイを試みはじめた姿を見た瞬間、やりきれない思いに駆られたのは私だけではなかったのではないか。

コロンビア戦に全力を注ぐ

だからこそ、コロンビア戦では前から責めて勝つ戦い方をやりきらなければならない。そうすれば、勝っても負けても必ず日本サッカーの未来につながる何かをつかむことができるはずだ。挑戦しなければ得られないのが世の常なのだ。

グループリーグを突破するのは、とても厳しい。現実をみると星勘定は気の遠くなるほどに可能性が低い。

そうであるなら、目の前のコロンビアの一戦に全力を注ごうではないか。決勝トーナメントに進出できるかどうかは、もう既に結果からしかもたらされないのだから。