グループリーグ0勝1分2敗の敗退の日本サッカーが4年後のワールドカップに向けて何を目指したら良いのか


日本代表はコロンビア戦を1-4で負けたことで、日本のワールドカップは終わってしまった。ワールドカップブラジル大会の対戦成績は、0勝1分2敗の成績でグループリーグを敗退することになった。

対して同じCグループのギリシャは、コートジボワールに2-1で勝利したことで、逆転してグループ2位となり決勝トーナメントに進むことになった。

それだけに、日本が勝てなかったことが悔しい。

スポンサード リンク

コロンビア戦

コロンビアは既にグループリーグの2位以上を決めていたので、先発メンバーを7人入替えてきた。日本にはチャンスがあった。

実際、ゲームは日本が押し込む形とはなったのだが、コロンビアのカウンターに対する対応がまずかった。最初の失点ははPKではあったが、既に日本のゲーム運びの稚拙さが現れはじめていたのかもしれない。

前半を1-1で折り返した時点で、後半からコロンビアがレギュラーメンバーが投入されることは予想された。当然、後半も前半の勢いのままに続けようというのは予想されたが、流れの変化に対応するための準備が必要であった。初戦のコートジボワール戦からわかった日本の問題点の一つは、流れの変化に対応できる柔軟性や対応力が足りないところである。

しかし、コロンビアに2点目を奪われてしまうと失点を重ねることとなった。失点覚悟で攻め上がったのではあるが、攻守のバランスに問題があったことはあきらかである。試合運びが一本調子となっていたのだ。日本が苦手としていた点である。

1-4で試合終了を迎えた。

グループリーグの戦い

グループリーグの3戦を振り返ると、次のような印象が残った。

コートジボワール戦
初戦ということもあってか、失点を恐れるあまりに前からの守備ができなかった。そのためにチームとしての攻守の意思統一がなされず、攻めて勝つ姿勢がみられなかった。日本は自信がなさそうであり、コートジボワールをまたはビックネームの選手を怖がっていた。
ギリシャ戦
ギリシャが退場者を出したことで明確に引いて守る戦術をとってきた。一見日本が攻めているように見えたが、ペナルティエリアに切れ込んでボールを失うことを恐れていた。その結果、ボールはギリシャのブロックの外側でパスするだけで、最後はクロスを入れる単純な攻撃に終始してしまった。初戦から改善が見られたが、勇気が必要であった。
コロンビア戦
覚悟をもって臨んだ試合であり、チーム全体からも戦う気持ちが表れていた。ただそれが、「攻める」ことだけ特化されてしまい、バランスの欠いた戦い方になってしまっていた。まるで日本の戦い方は、負けている状況で残り時間が5分しか残されていないため失点覚悟で攻めているような、そんな90分間であった。
こうやって3戦を振り返って見ると、日本代表の精神的な弱さが露呈してしまっているように思える。ワールドカップ直前の強化試合が、コートジボワール戦やギリシャ戦の状況が起こっていれば、グループリーグの戦いは違った結果になっていたかもしれない。

コンディションに細心の注意をはらうのはもちろんであるが、気持ちの持って行き方も重要な要素だったのかもしれない。

日本サッカーが目指す方向

日本のブラジルワールドカップは終わった。と同時に次のロシアワールドカップへ向けてのスタートでもある。

今なすべきことは、0勝1分2敗の現実を受け入れつつ、何が通用して何が通用しなかったのか、何が足りなかったのか、何を強化すべきなのかを分析し把握しなければならない。また、2010年から築いてきた4年間を点検しなおし、育成年代からの強化スケジュールも含めて検討する必要がある。

日本サッカーは成長して世界のトップレベルのサッカーに近づいているのは間違いないのだが、まだその後姿が見えてきたに過ぎない。サッカー強豪国に追いつき並び立つには、手が届きそうにみえていても大きな隔たりがあった現実を忘れないことだ。

だからといって恐れることはない。
なぜなら、他国にはない日本サッカーの強みというものが、すこしづつ明らかになってきたからだ。