カナダとの親善試合が重要である理由


サッカー日本代表とカナダとの親善試合が今夜、というよりも夜中の午前1時5分からあります。

親善試合とはいえ、26日にはワールドカップのアジア最終予選ヨルダン戦を控え、主力の本田選手(CSKAモスクワ)や長友選手(インテル・ミラノ)を欠く戦いとなるため、連携面や選手起用をみる上で重要な試合といえます。

Inside Soccer City 2
Inside Soccer City 2 / babasteve


スポンサード リンク


本田選手、香川選手(マンチェスター・ユナイテッド)、長友選手の連携しながらの攻撃は日本の強力な武器となっていただけに、2人の選手を欠くことは大きな戦力ダウンにつながることは間違いないと思います。

監督や選手は、「誰が出ても同じように」とは言うものだが、それはモチベーションを上げるための言葉と受け止めるべきです。現実には同じような連携やプレーが出来るわけはないので、メンバーが変わったことで新たな連携や攻撃のオプションを模索することの方が有意義でしょう。

特にワントップの選手と香川選手の連携をうまくいくのか、そして香川選手を活かすことができるのかを注目したいところです。

また、親善試合ではセンターバックの今野選手が発熱のために欠場しそうです。

ワールドカップ本番で今野選手や吉田選手(サウサンプトン)が欠場する事態が起きることも想定して、誰が代わりのセンターを務めるのかを見極めておくことも重要なミッションとなる。

これまで不動のレギュラー選手たちではありましたが、ケガや体調不良などで欠場を余儀なくされたことは、絶好のシュミレーションの機会だといえます。

当然、ザックことザッケローニ監督はそんなことは十分承知していて選手起用を考えていることでしょう。今夜は、その辺のところに注目をして試合を楽しみたいと思います。

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ