ワールドカップ最終予選 対ヨルダン戦の敗戦は捕らぬ狸の皮算用?


ヨルダン戦に敗戦 何があったのか

2013年3月26日 アウェイの地でヨルダンと戦い1-2で敗れました。
内容的には恐らくボール支配率で上回るゲーム展開で、チャンスも日本の方が多かったと思います。

ですが、ポイントを書き出してみると印象が全く違ったものになります。

スポンサード リンク

  • ゲームは最も失点に注意すべき時間帯である前半終了間際に相手CKから失点、0-1となる
  • 後半15分に右サイドをDF吉田選手が振り切られて突破され、0-2となる
  • 後半24分に相手DFラインの裏に抜け出た香川選手が清武選手のスルーパスをダイレクトで合わせてゴールし、1-2とする
  • 後半26分にDF内田選手が右サイドを攻め上がりPKを得るが、MF遠藤選手がPKを失敗する
失点やPK失敗は、「どうして?」「何が悪かったのか?」と思わずにはいられません。
失点した1点目、そして2点目についても防げた失点ではなかったのか。

PKを失敗した影響も小さいものではありませんでした。
成功していれば、攻撃の勢いを増すことができたでしょう。

実際は失敗したことで、「もしかすると負けてしまうかもしれない」というネガティブな弱気が忍び寄ってきてしまいました。

個人的には、ポイントが2つあります。

 

グループ首位の慢心

1つ目は、清武選手がボールを持ってエリアに進入した際に、シュートではなくてパスを選択したシーンが2度ありました。
あの場面はシュートを打つべきだったと思います。

あれは恐らくチームの雰囲気というか、意思だったのかもしれません。
つまり、強引であろうが形が悪かろうが点を取って勝つという泥臭い勝利よりも、崩して点を決めることに重きを置いていたのかもしれません。

それは、グループ首位という優位性が余裕となって無意識にチームの意思となっていたのではないでしょうか。

 

捕らぬ狸の皮算用

2つ目は、選手起用です。
親善試合カナダ戦で香川選手がトップ下でスタートしましたが機能せず、後半に中村選手がトップ下に入ることでチームが機能しました。

それを踏まえればヨルダン戦においても、後半途中から中村選手を起用すべきだったと思います。
その後の本田選手不在の戦いがあったとしてもです。

ヨルダンに負けはしましたが、日本はグループ首位であり優位であることに変わりはありません。
今後の代表チームの強化スケジュールという面もあるかもしれませんが、予選を突破してからのことです。

次のオーストラリア戦には全力で戦って欲しいと思います。

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ