サンダンス・リゾートクラブの特別会員総会の通知には興味深い情報が含まれていた




先日、SRC(サンダンス・リゾートクラブ)のメンバーになっている私のもとに、クラブの特別会員総会招集の通知が届きました。

通常メンバー理事の3人からの辞任申し出を受けて、新理事の選出方法や規約改正等を検討するのが議題となっていました。

スポンサード リンク

胎動

8月に突然ふって湧いたような臨時徴収の通知が届いて以来、その後に開かれた説明会、そして9月の引落しの実行がされました。

その状況の中で、これまでの経営を拙さを正すために組織変革の動きがあったようです。

クラブ運営が資金難になり臨時徴収をせざるを得なくなった責任は、誰かが責任を負わなければならないことです。経営施策の決定権を持っていた理事がその責任をとって辞任をするのは当然のことでしょう。

ただ、実際に経営施策の立案決定にどのように関わっていたのか、判然としないところです。

そして、このタイミングでの特別会員総会招集の通知です。

 

特別会員総会招集通知

召集通知には以下の書類で構成されていました。
  1. メンバーの皆様へ(理事長あいさつ)
  2. サンダンス・リゾートクラブ特別会員総会招集のご通知
  3. サンダンス・リゾートクラブ特別会員総会議案書
  4. 総会出席通知表・委任状
  5. 返信封筒
  6. 特別会員総会 会場のご案内
特別会員総会の日時は次のとおりです。
  • 日時:2013年10月27日 午後2時より
  • 場所:ベルサール汐留 地下1階ホール
 

興味深い情報

召集通知の書類の中に、私にとって客観的な判断や推測の手助けになるいくつかの興味深い情報がありましたので、以下に書き留めておきます。

 

臨時徴収に関する説明会の出席者数

8月29日と31日に開かれた説明会には、600名を越えるメンバーが出席していたようです。単純に考えれば、1日の説明会に300名のメンバーが参加していたことになります。この人数は多いのか少ないのか。

メンバー数が7月31日時点で15,067名であったことを考えれば、全体の約4%程度ということになります。

このことから、次の2つのことが言えます。
  1. 説明会に参加したのは全体の極一部であること。そして説明会で発言したのはさらに300名の内の一部であるということ。
  2. 説明会に参加していないメンバーは大多数の14,500名足らずがいて,全体の96%を占める。その大多数のメンバーが現在のSRCの現状を認識しているのかどうかは不明である。仮に認識していたとして、その意思がどこにあるのかは不明である。
 

臨時徴収の状況

臨時徴収は銀行引落しで実行されましたが、その支払い状況について報告されていました。



人数については上記のとおりですが、全体の比率は次のようになります。(四捨五入)
  • 支払完了:89.6%
  • 未払未完了:8.3%
  • メンバーシップ放棄:2.1%
メンバー各人にはそれぞれの事情があるでしょうが、ほぼ9割のメンバーが臨時徴収に応じたという結果になったようです。また、未払未完了のメンバーはメンバーシップを放棄していないので、今後次第で臨時徴収に応じる可能性が残されているといえそうです。

この結果からは、ほとんどのメンバーがこれからもサンダンス・リゾートクラブのメンバーとしてサービスを享受したいという意思があることは明らかです。

 

特別会員総会の開催要求

クラブ規約12.3条には次のような記載があります。

管理責任者は、また、理事会、信託受託者又はメンバー50名以上が書面により要求する場合には、要求を受け取ってから8週間以内に、特別会員総会を開催するものとする。

今度の10月27日に開催される特別会員総会は、新たな理事を選任するために80名の署名が提出されたことで開催することになったようです。

メンバー間の交流がない現状の中、80名の署名を集めることは不可能に近いと考えられます。これはちょっとした驚きです。

もっとも可能性が高い方法は、8月の説明会会場で署名を集める方法です。これならば1日300名の参加者がいた会場で、あの独特の雰囲気の中であれば80名の署名を集めることは不可能ではないでしょう。



 

今いえること

クラブ全体の9割もしくはそれ以上のメンバーが、クラブの存続を望んでいるのは疑いないところです。いわば先行投資をしているのがメンバーなのですから、当然の反応だといえます。

そうであるなら、これからもリゾートライフを満喫できるようにサンダンス・リゾートクラブをメンバーの手で育てていかなければならないのかもしれません。

今、私たちができることが何かといえば、確実にいえることは議決権の行使です。だから、可能であるなら10月27日の特別会員総会には出席すべきです。最低でも信頼できる他のメンバーに委任すべきです。

議決権の行使は、クラブに対しメンバーの1人として意思を伝えることに他ならないのです。



サンダンス・リゾートクラブの特別会員総会の通知には興味深い情報が含まれていた」への7件のフィードバック

  1. ともり

    署名は説明会で集めました。
    80人の署名は8月31日の説明会で集めさせていただきました。現行規約を調べたところ、特別会員総会の開催を求めるのが最も有効ではないかと考えたからです。翌日に配達証明で郵送したところ、すぐに理事長からコンタクトがあり、翌週末に私も含む会員9名と、クラブ理事長、会社社長の計11名で意見交換の機会をもちました。そこでは理事数を増やすことや、大規模修繕の見直し、規約改正の方向性など、かなり突っ込んだ議論をしました。まだ楽観はできませんが、今回の特別会員総会が、会員の皆様のお知恵を結集して改革を進めていくための足がかりになればと期待しています。多くの会員にご参加いただきたいと考えています。

    1. Tade 投稿作成者

      ともりさん
      貴重な情報を書き込んでいただきありがとうございます。
      なるほど、そのようなご尽力があって今度の特別会員総会がひらかれることになったということですね。納得です。
      総会が実のあるものになることを期待したいと思います。
      ※当ブログについて次の点を変更しました
      ①コメントは記事投稿から30日間が可能でしたが180日まで延長
      ②コメントの順序は最新のコメントが上になるよう変更
      ③カテゴリーに『サンダンス・リゾートクラブ』を追加

    2. hbd

      会場で署名ですか。ありがとうございました。8/29にはそんな方はいなかったですね。明日予定通り参加します。皆さんよろしくお願いします

  2. hbd

    私も今回と12月の総会は参加予定です。総会関連は、ここ数年御宿で開催されようやく参加した次第です。
    有志の方でどうやって80名を集めることができたかは関心があります。
    メンバー間の繋がりがあればいいですね。ネット関連では、mixiのグループには参加していますが最近はほとんど投稿がなく、本件についても皆無です。今後ともよろしくお願いします。

  3. hbd

    blogに記載しているメンバーがいるとは思いませんでした。
    私もメンバーで年数もほぼ同じですが、ポイントは多め130です。実際はすぐ気にいって、フォローしている営業とも割とメールでやりとりしているのもあり、毎年とは言わないですが買増ししてきました。なお買増分は、消化年数は値引きされるのでポイント単価が大きく値上がらないとお特感があります。
    先日の説明会も参加しました。その後営業とも会話した結果、今回の総会があるとの話を聞いた次第です。コメントされているように総会は参加すべきかと思います。

    1. Tade 投稿作成者

      hbdさん
      おっしゃるようにSRC(サンダンス・リゾートクラブ)のメンバーでブログを書かれている人をあまり見たことがありませんね。それはSRCに関する情報が少ないということに繋がっている一因です。
      その点、hbdさんは親しい営業マンがいて情報源をお持ちのようですね。私にはそういった情報源はありませんので、公になった情報でしか評価や判断をするしかありません。
      いずれにしても、今度の総会には参加する予定です。

コメントは停止中です。