私はサンダンス・リゾートクラブのメンバーです




4月の上旬に1泊2日で八ヶ岳高原にある蓼科に行ってきました。
時期的にはまだ涼しいので、観光をメインに諏訪湖周辺の諏訪大社や諏訪高島城を見学したり、ビーナスラインから眺める八ヶ岳の眺望や八ヶ岳リゾートアウトレットなどを巡ってきました。

ところで、どうして本格シーズン前の八ヶ岳高原に行ってきたのかと疑問に思われる方もいるでしょう。それは、私が「サンダンス・リゾートクラブ」の会員で、ここにクラブの施設「サンダンス・リゾート蓼科」があるからなのです。

スポンサード リンク

会員制リゾートクラブ

個人で別荘などを所有するより、複数の会員が利用できるようにした方が費用が安く済むと考えられます。このように入会金や年会費を支払い、リゾートホテルやリゾートマンション、貸し別荘等の施設が利用できるシステムにしたのが会員制リゾートクラブです。

その形態は施設の利用権制であったり所有権制であったりとさまざまです。
また、宿泊費が有料のクラブがあれば、無料のクラブもあります。

会員制リゾートクラブといっても、さまざまな形態があるということです。

サンダンス・リゾート

サンダンスリゾートクラブの会員になると毎年一定数のポイントが付与されて、そのポイントを使って施設を利用するシステムになっています。そのため宿泊するたびに宿泊代金を支払いする代わりに持ちポイントを支払うことになります。
食事は有料となりますが、食事を付けないで素泊まりすることもできます。

施設数は国内に29ヶ所、海外に70ヶ所以上があります。
また、国内の施設には犬連れOKの施設もあって、その数は17ヶ所になります。


ポイントを購入して利用権を取得

サンダンス・リゾートクラブでは、クラブ会員になるためにポイント権を購入することになります。
通常は60ポイントからポイント販売をしているようですが、キャンペーン期間中などは50ポイントの販売も用意されるようです。

さらに営業担当者と交渉をすると、40ポイントからでも販売を受付てもらえました。
私の場合、40ポイントを購入して会員になりました。

2012年6月のことでした。

サンダンスリゾートクラブのメンバーとなる費用

下記は実際に私が支払った費用です。
 ポイント数    ―    40ポイント(毎年付与)
 ポイント代金  777,000円    1ポイントあたり19,425円
 管理費  18,000円    1ポイントあたり900円
月割り(2012年7月~2012年12月の6ヶ月)
 登録料  73,500円
 修繕積立金  73,500円
 支払い総額  942,00円
※ポイントを翌年に繰り越した場合は、その分の管理費が増える。
 

施設の利用

  1. 2012年6月 サンダンス・リゾート河口湖
    費用4,000円
    宿泊体験で始めてサンダンス・リゾートを利用し、クラブのメンバーになることを決めた。
  2. 2012年7月 サンダンス・リゾート軽井沢
    13ポイント支払い
    スタンダードの部屋は4ポイントなのだが満室のためにデラックスを利用した。
  3. 2012年10月 サンダンス・リゾート箱根宮城野
    7ポイント支払い
  4. 2012年11月 サンダンス・リゾート山中湖
    7ポイント支払い
  5. 2013年4月 サンダンス・リゾート蓼科
    8ポイント支払い
2013年4月現在 ポイント残り5ポイント

ポイントについて

ポイント数は、宿泊施設やシーズンや曜日によって設定されている。
土日や祭日などの休日や夏休み等のシーズン中は必要ポイント数が多くなります。
※毎年配布されるポイントカレンダーに必要ポイント数が記載されている。

ポイントが足りなくなった場合は、翌年分からに限り前借することができます。

逆に余ったポイントを翌年に繰り越すことができますが、その分の管理費が多くかかることになります。

ポイント数(権利)は、最初の利用開始から10年以内に限り10ポイント単位で買い増しすることができます。
ただし、更新期限は最初の利用開始から30年後であり、買い増ししても変わることがありません。

したがって、買い増ししたポイントは利用できる期間が短いため割高であるといえます。

購入を決めた理由

けっして安くない金額を支払ってクラブのメンバーになったのは、いくつかのメリットがあると考えたからです。
  • 旅行に出かけるきっかけ
    子供が小さかった頃は毎年キャンプに出かけましたが、大きくなってからは旅行にほとんど出かけなくなりました。それならばサンダンス・リゾートの会員になれば、夫婦で旅行に出かけるきっかけになるのではないかと考えたのです。
  • ペットと一緒に泊まれる
    2011年から犬を飼い始めたので、一緒に旅行に連れて行きたいと考えました。そうすると宿泊施設がペット対応でなければなりません。サンダンス・リゾートには、現時点で17ヶ所のペット対応がされている施設があるのが魅力でした。
  • 本人以外の利用が可能
    施設を利用するのは本人以外でも利用可能となっていました。今でなくとも、将来は息子たちが利用することもできるので無駄にならないだろうと考えました。
  • 負担を感じないポイント数
    ポイント数を40ポイントにしたのは、初めのうちは40ポイントでは少なく感じるかもしれません。ですが、10年も経てば多すぎるポイントだと負担に感じてしまうかもしれません。あまり多くのポイントは購入しない方が良いように思われました。それに、全ての旅行の宿泊先をサンダンス・リゾートに限定する必要は無いのです。

考えられるリスク

反対に、次のようなリスクも考えられました。
  1. サンダンス・リゾートが倒産した場合
  2. 会員数と施設数のバランスの問題で、込み合いすぎで予約が取れず利用が出来ない事態になった場合
将来の倒産に関しては予測し難いものだと思われました。
ただ、会員数が1万4千組、国内施設数29ヶ所という規模をみる限りは安心できるのかなと考えました。

また、予約の取りやすさという点は、第三者機関である信託会社がコントロールするシステムを取り入れているので、極端な混雑は起こらないだろうと考えました。
それに、私たちの場合は平日に旅行をするつもりでしたので、予約を取ることに苦労することはなさそうに思えました。

メンバーになってわかったこと

実際にメンバーになってから、4つの施設を利用しましました。宿泊体験を含めると利用した施設は5つを数えます。

当初は会員制リゾートクラブというと、リッチな富裕層がメンバーなのかなというイメージがありました。
しかし、実際は特別お金持ちがメンバーになっているようには思えません。

サンダンスリゾートの施設は十分満足できるものですが、高級リゾート施設というほどのゴージャス感はありません。
実際、先日行ったサンダンス・リゾート蓼科では、施設の駐車場に私の車を含めて3台のホンダフィットが並びました。フィットはコンパクトカーであり一般大衆車ですから、持ち主の生活レベルが想像できるというものです。

”誰もが気軽で自由に楽しめるカジュアルリゾート”というポリシーどおりのリゾートクラブになっていると感じています。確かに初期費用は安いものではありませんが、他の会員制リゾートクラブと比べれば決して高くはないと思います。
求めるライフスタイルに合うのであれば、考えてもよい選択肢です。

お子さんが成人されて生活に余裕ができ、これからはご夫婦で旅行を楽しみたい方にはうってつけです。特に犬を飼っていて、一緒に旅行に行きたい方にはオススメです。
私たち夫婦がそうだからです。