はとバスに乗って東京秋色観光と感動のスカイツリー【4.東京ドームホテル・リラッサ編】




2014年11月27日

「はとバス」観光の昼食は遅い時間の午後1時30分に予定されていた。レストランは東京ドームホテルの3Fにある「リラッサ」である。

ホテルに着いてみると、ちょうど同じ「はとバス」の別のコース組と一緒になった。おそらく、団体客はランチタイムの混雑する時間を避けて設定されているということなのだろう。

スポンサード リンク

北海道というイメージ

レストランに案内されてみると、なかなかの盛況ぶりであった。空席待ちで並んでいる人の列ができていたほどである。私たちは並んでいる人の列を横目に、僅かの時間待っていただけで案内された。観光バスを利用しているメリットの1つである。

ところで、レストラン「リラッサ」では「北海道フェア」が開催中であったようだ。そのことをバスガイドさんが説明してくれていたので、いやが上にもおいしい食事を期待してしまったいた。

おかしなもので、「北海道」という言葉がついただけで誰もがおいしそうなイメージを持ってしまうものらしい。それがわかっているから、ホテルやデパートなどでは頻繁に「北海道フェア」が開催されるのだろう。

バイキングで食べ放題

食事はバイキング形式である。、好きなものを自分で選び、好きなだけ取ることができるというわけだ。

とりあえず、どんな料理がでているのかを見てまわったが、到底全種類を食べることはできないほどにたくさんの料理が用意されていた。どれがオススメなのかはわからないので、とにかく食べたいものを皿に取り分けることにした。



考えてみれば、バイキングで食べ放題である。であるなら、バイキングで食べ放題並みの料理が出ているのは当たり前のことなのだ。

最後にひと口サイズのケーキをいただいたところで、ごちそうさまをした。



今回の「はとバス」で期待したことの1つは、ホテルでの食事であった。まして「北海道フェア」を開催しているということを聞くに及び、さらに期待してしまうことになった。だが、正直なところ期待したほどの料理ではなかった。

「はとバス」観光の評価は、食事の良し悪しが全体に大きく影響する。『秋色の街めぐりと東京スカイツリー』コースは、とても良い企画であると思うし、満足できるものであった。

だからこそ、私には残念でならないのだ。