WordPressでサイト開設までの手順 1.ドメイン取得


アフィリエイト用のサイトをワードプレス(Wordpress)でつくることしました。

ところが、独自サイトをつくるのは久しぶりなので、どのように設定したのかを忘れてしまっていました。
この“たでブログ”も独自ドメインを取得して、ワードプレスで書いているブログです。

それなのにです。
自分のことながら愕然としてしまいました。

スポンサード リンク

サイト開設までのおおまかな手順

“たでブログ”を開設したときの手順をブログに記録していないかと探してみましたが、ありませんでした。
記事にしようかと考えたことは覚えていたのですが、実際には記事を書かなかったようです。

ということで、自分のためにもサイト開設の作業手順を記事として残しておくことにします。
  1. ドメインを取得
  2. レンタルサーバーにドメイン設定
  3. レンタルサーバーにデーターベース設定
  4. ワードプレスのインストール
 

1.ドメイン取得

ドメインというのは、“http://~”というURLの“~”の部分にあたります。

サイトを特定するものなのでドメインは必ず1つしか存在しません。
もしくは、存在しないのはまだ誰も使っていないドメインということになります。

で、通常は誰も使っていないドメインを取得します。

私は「お名前.com」を利用しています。
初心者であれば、「お名前.com」や「ムームードメイン」が比較的安価なのでオススメです。

お名前.com
ムームードメイン



お名前.comのサイトのトップページです。

取得方法は、黄色枠で示した中に希望のドメインを入力して検索ボタンを押します。

通常、ドメインはサイト名と同じ名前にします。
例えば当ブログであれば、

サイト名「たでブログ」→ tade-blog.info

というようにです。



検索結果が出たときのスクリーンショットです。

ドメインの最後尾につく「.com」や「.net」、「.jp」というように種類があり、それぞれの年間の使用料金が違います。
「.com」は企業サイトに多く信用が高いとされています。

ですが、個人的にはそこまで厳密に運用しなければならないものではないと思います。
料金等も踏まえて選ぶと良いのではないかとおもいます。
詳しく知りたい方は検索してみてください。

ちなみに、ここで全部が「×」状態で空きがなかったり、希望の「.○○○」が無かった場合はドメインを考え直して再度検索すればよいでしょう。

希望のドメインが見つかった場合は、「□」にチェックを入れて画面をすすめます。
あとは指示にした外ながら手続きできるとおもいます。

 

whois

whoisというのは、インターネット上に公開されているドメインの登録情報のことです。
登録情報は一般の人も確認できる状態で公開することが義務付けられています。

そうすると個人情報が公となってしまうという不都合が起きてしまいます。
そこでドメイン取得サービス会社(お名前.comやムームードメインなど)では、whoisの代行登録をすることで個人の情報を公開せずに、ドメイン取得サービス会社の登録情報を公開しています。

ということで、手続きを進めていくとwhoisの代行登録についてどうするかと質問されるはずです。
そうしたら迷わずに代行登録を依頼するようにしましょう。



ドメインからドメイン登録者情報を調べることができるページです。

黄色枠にドメインを入力して検索すると、ドメインの所有者(使用者)の情報が表示さされます。
それだと個人のドメイン所有者にはマズイことなので、代行登録することで「お名前.com」の情報が表示されるようにできるのです。

以上で、ドメイン取得作業は終了です。
次はレンタルサーバーにドメインを設定します。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ