WordPressでサイト開設までの手順 3.レンタルサーバーにデーターベースを設定


Wordpress(ワードプレス)は、本体のインストールの前にデータベースを設定しなければなりません。

Wordpressはphpという言語でつくられていて、データ(投稿記事等)はデータベースに保管される仕組みになっているからです。
でも、データベースの設定に慣れていないと、結構面倒なイメージをもってしまいます。

スポンサード リンク

データベース設定の解説をするわけ

ところで、ミニバードにはそれぞれの操作マニュアルがサイト上にあります。
ですから、たとえばデータベースの設定に関してもマニュアルを見れば操作手順が分かるようになっています。

ですが、それは操作手順だけなので、私などは意味がなかなか理解できませんでした。また、個人的には日にちが経ってしまうと忘れてしまうという事情もあります。

ということで、私が利用している実際のデータベース画面を使って解説を書いておこうと思います。

データベース設定手順

データベース設定は以下の手順になります。
  1. MySQLの追加(データベースの追加)
  2. MySQLユーザー設定(データベースの管理者登録)
  3. MySQLアクセス権限者の設定(データベースのアクセス可の管理者を設定)
 

1.MySQLの追加(データベースの追加)

サーバー管理ツールのデータベース設定をクリックすると、設定済みのデータベース一覧が表示されます。



私の場合は既にミニバードを利用している状態です。
データベースが3個(①)とMySQLユーザー(データベース管理者)が2個(②)が設定済みであることがわかると思います。

この状態からデータベース1個とMySQLユーザ1個を追加します。

タブのMySQL追加をクリックします。



 

データベース名には好きな名前をつけることができますが、いくつもデータベースをつくることを想定すると、サイト名にしておくのが無難でしょう。文字コードはUTF-8を選択します。そして確認画面をクリックします。

 



 

確認画面に切り替わりますので、確定をクリックします。

すると、データベース一覧画面にもどります。



 

新たな設定したデータベースが追加されている(③)ことがわかります。MySQLユーザー(④)は2個で変わりません。

ここで、追加されたデータベースの欄(③)を確認しておきましょう。

05データベース追加後の一覧拡大
 

この時点では権限設定済みのユーザーは登録されていません。(⑤)ということはデータベースを直接操作することは、誰もできない状態です。

しかし、権限可能ユーザー(⑥)がいることがわかります。この時点では④の2個が権限可能ユーザーになっています。

この状態で権限設定ユーザーを登録することもできますが、新たにユーザー設定をすることにします。

 

2.MySQLユーザー設定(データベースの管理者登録)

MySQLユーザー設定のタブをクリックします。



 

MySQLユーザー名データベースパスワードは自由に決めることができます。入力したら確認画面をクリックします。

 



 

確認画面になりますので、確定するをクリックします。

 

3.MySQLアクセス権限者の設定(データベースのアクセス可の管理者を設定)

データベース一覧画面にもどりました。



MySQLユーザー名(⑦)が増えて3個になったのがわかります。

ここで権限設定済ユーザーを登録します。黄色枠の権限可能ユーザーは3個になっています。設定するのは1個だけでも可能ですし3個全てを設定することも可能です。選んで権限追加をクリックすればOKです。

 



あらたに権限設定済ユーザー(⑧)が設定されたことが確認できます。

以上でデータベースの設定は完了です。

ミニバード

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ