WordPressでファビコンを設定してくれるプラグイン




ブログやサイトを運営していると、そのアイコン的な視覚効果が期待できるもののひとつとしてファビコン(favicon)があります。それなのに、ファビコンはサイトの顔となるロゴなどに比べて軽視されがちなのかもしれません。

WordPressにはプラグインという便利な機能があって、ファビコンの設定もプラグインを利用して簡単に設定することができます。

スポンサード リンク

ファビコンを設定してくれるプラグイン

あなたのブログがWordPressを使ったものならば、ファビコン設定には「Favicon Rotator」というプラグインが便利です。

設定のやり方は次の通りです。

1.「Favicon Rotator」をインストールする

プラグインのやり方は書き記事を参考にしてください。

初心者のためのプラグインのインストールと設定

2.設定

「Favicon Rotator」をインストールすると、管理画面の外観の中に「Favicon」というメニューが追加されます。


  • Browser Icon:パソコンの画面用のファビコンです
  • Touch Icon:スマホの画面用のファビコンです
Favicon Rotator は、画像のサイズを自動でファビコンのサイズにかえてくれます。ファビコンというと、16px・32px・48px・68pxにサイズ変更しておくのが普通ですが、このプラグインは不要です。

かえって、画像を16pxにサイズ縮小をすると、形が崩れて何がなんだかわからない画像になってしまうようです。

私は、Browser Icon と Touch Icon の両方に68pxの画像をアップロードしました。画像のアップロードは、それぞれ Add Icon、Set Icon をクリックするとアップロードができます。



スマホにもファビコンが設定されました。

Internet explorer にファビコンが表示されないのは

普段の私が利用しているブラウザは google Chrome なのですが、ときどきInternet explorer で表示画面を確認します。すると、設定したファビコンが表示されていないことに気付きました。



ファビコンが表示されない原因は、ファビコンとしてアップロードしている画像の形式に問題があったようです。

それまでファビコンとして利用していた画像の拡張子は「.png」でした。google Chrome の場合はこのままでもファビコンの表示がされていたので、しばらく気付かなかったのです。

Internet explorer でもファビコンを表示させるためには、画像の形式を「.ico」に変換してアップロードしなおすと解決します。

画像の形式を「.ico」に変換するには、変換するサービスを行っているサイトがあります。私は、favicon.icoを作ろう!というサイトを利用させていただきました。

他にも「favicon」「Favicon Generator」などで検索するといろいろなサイトを見つけることができます。

比較的簡単にファビコンの設定ができて、ブログやサイトのイメージアップに役立ちます。ぜひ試してみてください。