ブログ更新を自動ツイートするプラグイン「Simple Tweet」を初心者が設置する方法


Emerging Media - Twitter Bird
Emerging Media – Twitter Bird / mkhmarketing


ブログを運営している人なら誰でも、より多くの人に記事を読んでもらいたいと考えます。そのための1つの手段として、Twitterにツイート(tweet)をする方法があります。

WordPressであればプラグインを利用して記事の投稿を自動でツイートさせることができます。ここで紹介するのは、Simple Tweetというプラグインです。

スポンサード リンク

プラグイン「Simple Tweet」の設定方法

多くのプラグインはWordPress側だけで設定が完了しますが、Simple TweetはTwitter側の設定も必要です。そのため初心者には設定がむずかしく感じてしまうのですが、ひとつひとつは決してむずかしくありません。

とはいえ設定する項目が多いのも事実です。
なので、特に初心者が迷わず設定できるように記事を書きましたので、参考にしていただければと思います。

設定手順の概要は次のとおりです。
※( )内は主にどちら側の処理になるかを示しました。
  1. 「Simple Tweet」のインストール (WP)
  2. アプリケーションの登録 (T)
  3. QAuthを登録 (WP・T)
  4. tweetする内容の修正(WP)

1.「Simple Tweet」のインストール(WP)

プラグインのインストールは、WordPressの管理画面の左サイドメニューから行います。

①プラグインの検索

「プラグイン」「新規追加」「プラグインのインストール」と進み、検索boxに「Simple Tweet」と入力して「プラグインの検索」をクリックします。


②プラグインのインストール

ヒットしたプラグインの一覧が表示されますので、「Simple Tweet」「いますぐインストール」をクリックします。

③プラグインの有効化

インストールが終了したなら、「プラグインの有効化」をクリックします。


「インストール済みプラグイン」のページに切り替り、これでインストールは終了です。

2.アプリケーションの登録 (T)

ここでは主にTwitter側の設定を行いますが、入り口はWordPressからとなります。

①設定ページへ移動 その1

設定ページへ移動するには2通りの方法があります。
1つ目は、前の処理の流れで既に開いている「インストール済みプラグイン」のページの中から「Simple Tweet」を探し、「設定」をクリックします。


➁設定ページへ移動 その2

もう1つは、WordPressの管理メニューから「設定」「Simple Tweet」をクリックする方法です。



どちらからでも同じ「Simple Tweetの設定」ページが開きます。

③Twitter Apps(アプリケーション管理)へ

開いている「Simple Tweetの設定」ページの中の「Twitterにアプリケーションを登録する」をクリックします。



すると、新しいタブでTwitter Appsのサイトが開きます。
このときのタブは、WordPressにログインしているタブとTwitter Appsのタブになりますが、このまま両方を開いたままで設定作業を進めてください。


④Twitterにサインイン

Twitter Appsの「sign in」をクリックしてログインします。



Twitterのユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力してください。


⑤アプリケーションを作成

Create New App」をクリックします。



下記のような「アプリケーションを作成する」ページが開きます。それぞれに必要な情報を入力を行います。
  • 名前
    好きな名前(例:○○ブログのアプリ)
    ツイッターなど使えない語句があります
  • 説明
    適当な説明でかまいません(例:連携してツイートするアプリ など)
  • ウェッブサイト
    連携させるブログのトップページURL(例:http://tade-blog.info/
  • コールバックURL
    空欄のままでOK


入力したら後は同じページの下方に移動して、「はい、同意する」にチェックを入れ、「Twitterのアプリケーションを作成します」をクリックしてください。


⑥アクセス許可

アクセスの許可範囲を設定しまし。



「読み書き」を選択して「アップデート設定」をクリックします。



「アクセス許可の設定が正常に更新されました。・・・」と表示されますが、先ほどの「読み書き」が選択されていないように見えます。
実際はメッセージどおりに正常に更新されているようですので、次の作業に進んでください。
※確認したい場合は他のタブを開いてから、また権限タブに戻ると正しく表示されています


⑦Consumer KeyとConsumer Secretを取得する

「テストのQAuth」(オーオース)をクリックします。



再度、IDとパスワードを要求してきますので、入力します。



「Consumer Key」「Consumer Secret」が表示されますので、コピーしてWordPressに貼り付けするか、メモ帳などに一時書き留めておきます。


3.QAuthを登録 (WP・T)

①「Consumer Key」と「Consumer Secret」を登録(WP)

開いたままにしてあるWordPressのページにもどり、「Consumer Key」「Consumer Secret」を入力し、「設定を更新」をクリックします。

上部に「完了」と表示されればOKです。


➁「PIN」コードの取得(T)

「アカウントを承認するためにリンクをクリックしてTwitterに移動します。」をクリックします。


「連携アプリを認証」をクリックします。

すると、PINコード(数字)が表示されます。
これをコピーするかメモしてください。

③「PIN」コードの登録(WP)

コピーしたPINコードをWordPressに貼付けします。


「プロフィール更新」をクリックしてください。


「プロフィールを更新しました。」のメッセージが表示されればOKです。



この時点で自動tweetがされるようになりました。
新たに記事を後悔すると、次のようなメッセージが表示されて自動tweetされたことが確認できます。


このまままでも問題はありませんが、次のページでtweetされる文言について微調整します。

4.tweetする内容の修正(WP)

tweetされる内容はこの部分に表示されています。
私は下記のように修正をしました。



文字変換の組み合わせはプロフィールのページに表示がされるので、コピー・貼付けで自由に修正することができます。



以上で「Simple Tweet」の設定方法は終わりです。
ご参考になれば幸いです。