初心者向きのバックアッププラグインWP-DBManagerの設定方法




たでブログはWordPressで記事を公開しているのですが、IT素人の私でもつかうことができる便利なシステムです。

ですが、システムがクラッシュしたときには素人であるがゆえに対処できなケースがでてくるかもしれません。実際、以前に管理画面にログインできない事態になったことがあり、バックアップの大切さを感じた出来事でした。
(そのときの記事はこちら

ということで、私が今回導入したバックアップのプラグインをご紹介します。

スポンサード リンク

バックアップを実現するプラグインの選択

バックアップをしてくれるプラグインでよく知られているは次の2つのようです。
  • WP-DBManager
    データベースを自動でバックアップ
  • BackWPup
    ファイルとデータベースを自動でバックアップ
    オンラインストレージ(クラウド)に自動でデータ保管ができる
比較してみると明らかにBackWPupの方が高機能です。

ですが、当然データ量が多くなることから高速のレンタルサーバーでないと処理時間がかかることや、ロリポップなどの場合は処理中にタイムアウトになってしまう可能性があるようです。

それに高機能であるがゆえに機能を利用するための設定が煩雑になる点も、初心者には尻込みしてしまう要因となるかもしれません。

私はというと、低価格のレンタルサーバーを利用していることからWP-DBManagerのプラグインを利用することにしました。

WP-DBManagerの設定方法

1.プラグインを有効化すると表示されるメッセージ

プラグインのインストールは、こちらの記事を参考にインストールと有効化をしてください。

初心者のためのプラグインのインストールと設定

インストール後に有効化をするとメッセージが表示されます。



上段のメッセージは次のとおりです。

Your backup folder MIGHT be visible to the public
To correct this issue, move the .htaccess file from wp-content/plugins/wp-dbmanager to /home/tade/megumama.info/public_html/wp-content/backup-db


「.htaccess」「plugins/wp-dbmanater」から「wp-content/backup-db」に移動してくださいといっているようです。

2.「.htaccess」の移動

WordPressをインストールしているレンタルサーバーにログインしてファイルを確認します。
ここでは私が利用しているミニバードのサーバーで説明します。



WordPressフォルダーのディレクトリー「wp-contento/plugins/wp-dbmanager」の中に目的の「htaccess.txt」が見つかりました。
これを、「wp-content/backup-db」に移動します。

私は一旦ダウンロードし、それをアップロードする方法で移動しました。
もちろん、元のファイルは削除しました。



その上で、ファイル名を「.htaccess」に変更してください。



さきほどのメッセージが消えていることが確認できます。

3.「WP-DBManager」の設定

①DB Options の設定

ここからはWordPressの管理画面で設定をしていきます。



管理画面の左サイドバーから「Database」をクリックし「DB Options」をクリックします。
すると「mysqldump」「MySQL」へのパスが自動で設定されています。

もし設定されていない場合は「Auto Detect」をクリックすると設定されます。

その次にある「Path To Backup」はバックアップデータの保管場所を示しています。



「Maximum Backup Files」はバックアップデータを保存する数を指定することができます。
ここでは「10」を指定しているので、11個目がバックアップ保管されると同時に一番旧いデータが削除されてデータ保管数は10コとなります。

さらに下方にスクロールすると、「Automatic Scheduling」があらわれます。


  • Automatic Backing Up Of DB:
    自動でバックアップするサイクルを設定します。
    メールアドレスを入力しておくとバックアップデータがメールでも送信されます。
    メールが不要なら空欄にします。
  • Automatic Optimizing Of DB:
    データベースの最適化をするサイクルを設定します。
  • Automatic Repairing Of DB:
    データベースの修復をするサイクルを設定します。

②Backup DB

次に左サイドメニューの「Database」「Backup DB」をクリックします。



「Checking Backup Status」以下にエラーメッセージ(赤い文字)がでていたら、何らかの処理ミスがあったものと考えられます。逆にグリーンの文字であれば問題がないことをあらわしています。

この下にスライドをすると、データベースの名前やデータベースの保管場所などを確認することができます。



最下部に「GZIP Database Backup File?」があります。
問題なければ「Yes」を選択して圧縮して保管するようにしてください。

「Backup」をクリックをすれば、バックアップデータが保存されます。



バックアップに成功すれば、上記のようなメッセージが上段に表示されます。

③「Manage Backup Database」

次に左サイドメニューの「Database」「Manage Backup Database」をクリックします。



ここでは手動で以下の操作ができます。

最初に必要なデータベースの右端(「Select」)にチェックをいれます。その上で
  • E-Mail:選んだデータベースをメール送信します。
  • Download:選んだデータベースをダウンロードします。
  • Restore:選んだデータベースを復活させます。
  • Delete:選んだデータベースを削除します。

最後に

バックアップはクラッシュなどの問題が起きない限りは利用することのないデータです。
ですが、データを消失した経験があればバックアップの重要性は理解されていることでしょう。

もしもWordPressを利用していてバックアップをとっていないのなら、プラグイン「WP-DBManager」を導入してみてはいかがでしょうか。