Site Guard WP PluginによりWPにログインできなくなったときの対処


201502040102siteguard

WordPressのセキュリティ強化のために「Site Guard WP Plagin」をインストールしていたのだが、それが突然ログインできなくなってしまった。原因は、ログアウトの際にしっかりログアウトが終わらないうちにPCを止めてしまったことによるものかもしれない。

いずれにしてもログインが出来なくなって大いに慌ててしまった。とはいえ解決策はあるもので、実際に私が行った対処を記録しておく。

スポンサード リンク

プラグインの提供会社にあるFAQ

WordPressに関する問題というものは、たいていの場合ネットで検索すれば解決策が見つかるものだ。今回のケースでも「Site Guard WP Plagin ログインできない」で検索したところ、すぐにヒットした。

そのなかで、「Site Guard WP Plagin」のプラグインを提供している会社「JP-Secure」のFAQが信頼性が高いだろうと思われた。実際、FAQのとおりに作業をして解決することができたので、ログインできない事態に陥った方は参考にすると良い。

実際の作業

参考にしたのはFAQの「ログインできなくなりました」の項目で、最後の4行に書いてあることを実施した。(JP-SecureのFAQより)

/wp-content/plugins/にある、siteguardディレクトリをまるごと削除してください
WordPressのインストールディレクトリにある.htaccessの以下の部分を削除してください
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START から
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END まで

具体的には次の2つのことである。

1.「siteguard」をディレクトリごと削除

1つめの作業は、WordPressをインストールしているサーバーにログインし、/wp-content/plugins/siteguardにある「siteguard」をフォルダーごと削除することである。

201502040104siteguard_Elimination

レンタルサーバーによって多少の違いはあるが、こんな感じで該当のフォルダーを見つけることができる。このサーバーではゴミ箱のアイコンをクリックして削除することができた。

2.「.htaccess」ファイルに記述された該当箇所を削除

「.htaccess」はWordPressがイストールされているディレクトリーの最上部にあるファイルである。そのファイルを開いて、次の箇所を削除すれば良い。

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START から
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END までの全て

201502040105.htaccess

削除後は上書き等の保存をすれば完了だ。

作業後のログインURL

作業終了後は「Site Guard WP Plagin」をインストール前の状態になり、WordPressの管理ページにログインできるようになる。したがって、通常であれば次のようなURLに戻っているはずである。

http://ドメイン/wp-login.php

Site Guardの設定

「Site Guard WP Plugin」の設定については特にいじらなくとも問題はないが、次のことについて変更ができるようになっている。
  • 管理ページアクセス
  • 制限ログインページ変更
  • 画像認証
  • ログイン詳細エラーメッセージの無効化
  • ログインロック
  • ログインアラート
  • フェールワンス
  • ピンバック無効化
  • 更新通知
  • WAFチューニングサポート
それぞれのページを開くと説明が記述されているのわかりやすい。私はひと通り確認してみた。

201502040106Setting

個人的にはプラグインなどの更新通知などが煩わしいのでOFFにした。少なくとも数日に1度は管理ページにはログインするので、更新通知が不要なのだ。また、今回の事象とは関係ないのだが、ログインロックの回数を3回から10回に変更することにした。

他にもいくつか自分の好みに設定をした。開いてみたことがないというのであれば、この機会に設定してみてはどうだろうか。